赤い魚の夫婦

個数:
  • ポイントキャンペーン

赤い魚の夫婦

  • ウェブストアに93冊在庫がございます。(2022年06月26日 20時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 160p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768459058
  • NDC分類 963
  • Cコード C0097

出版社内容情報

第3回リベラ・デル・ドゥエロ国際短編小説賞受賞。
メキシコの作家が贈る人間とペットにまつわるちょっと不思議な物語。

初めての子の出産を迎えるパリの夫婦と真っ赤な観賞魚ベタ、メキシコシティの閑静な住宅街の伯母の家に預けられた少年とゴキブリ、飼っている牝猫と時を同じくして妊娠する女子学生、不倫関係に陥った二人のバイオリニストと菌類、パリ在住の中国生まれの劇作家と蛇……。
メキシシティ、パリ、コペンハーゲンを舞台に、夫婦、親になること、社会格差、妊娠、浮気などをめぐる登場人物たちの微細な心の揺れや、理性や意識の鎧の下にある密やかな部分が、人間とともにいる生き物を介してあぶりだされる。
「赤い魚の夫婦」「ゴミ箱の中の戦争」「牝猫」「菌類」「北京の蛇」の5編を収録。
2014年にはエラルデ文学賞を受賞するなど国際的に高い評価を受け、海外では毎年のように「今年のベスト10」に取り上げられる実力派作家グアダルーペ・ネッテルの傑作短編集、待望の日本語訳。

内容説明

初めての子の出産を迎えるパリの夫婦と真っ赤な観賞魚ベタ、メキシコシティの閑静な住宅街の伯母の家に預けられた少年とゴキブリ、飼っている牝猫と時を同じくして妊娠する女子学生、不倫関係に陥った二人のバイオリニストと菌類、パリ在住の中国生まれの劇作家と蛇…。メキシコシティ、パリ、コペンハーゲンを舞台に、夫婦、親になること、社会格差、妊娠、浮気などをめぐる登場人物たちの微細な心の揺れや、理性や意識の鎧の下にある密やかな部分を、人間と共にいる生き物を介してあぶりだす新感覚の五つの短編小説集。第3回リベラ・デル・ドゥエロ国際短編小説賞受賞作。

著者等紹介

ネッテル,グアダルーペ[ネッテル,グアダルーペ] [Nettel,Guadalupe]
1973年メキシコシティ生まれの、現代メキシコを代表する女性作家。2006年に小説『宿主(El hu´esped)』が、スペインのアナグラマ社主催のエラルデ小説賞の最終候補になり、翌2007年にはヘイ・フェスティバルとボゴタ市が選ぶ“ボゴタ39”、39歳以下の期待のラテンアメリカ作家39人に選出される。2013年に『赤い魚の夫婦』でリベラ・デル・ドゥエロ国際短編小説賞を、2014年に小説『冬のあとで(Depu´es del invierno)』でエラルデ小説賞を受賞。2017年よりメキシコ国立自治大学発行の「メキシコ大学雑誌』の編集長を務める

宇野和美[ウノカズミ]
東京外国語大学スペイン語学科卒業。出版社勤務を経てスペイン語翻訳に携わる。東京外国語大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

buchipanda3

109
メキシコ人作家による現代文学小説集。夫婦や親子の間に生じるストレスといった現実的な題材を描いているのに、読み進めるうちにじわじわと奇妙な味わいの世界に取り込まれている感覚となり面白く読めた。何も語るはずがない魚や猫、蛇、さらにはゴキブリに菌といった暮らしを共にする生きものたちが、まるで生き方を示すかのように登場人物らの生活に侵食していく。生きものたちのプリミティブさが、感情や意識に囚われ過ぎている人間の縛りを色濃く浮かび上がらせているように見えた。人も生きものなのだ。それにしても多彩な脇役たちだったなあ。2022/02/05

アキ

90
メキシコの女性作家の短編集。どの作品も女性が主人公。金魚から猫、ゴキブリ、蛇、果ては菌まで生き物が重要な脇役の役割を果たす。妊娠・出産を経て冷え込む夫婦関係、一夜限りの契りから妊娠した大学生、若い女に不倫をして破綻する夫婦とその息子、両親が離婚し伯母の家に預けられた子供。どの短編も恵まれない境遇とどうしようもない感情に、人が規定する環境の中で生きる生き物がなにかを語りかけてくるように思える。しかしそれも人間の思い込みに過ぎない。場所もパリ、デンマーク、メキシコと様々だが、どこを舞台としても存在する物語。2021/10/09

ヘラジカ

72
これは今年の海外文学における伏兵だ。どの短編も本当に素晴らしい。全くの偶然だが、直前に読んでいたエンリーケ・ビラ=マタスが審査員長を務める文学賞を受賞したらしい。とは言っても、作風はあちらと比べると正統的とも言えるだろう。それぞれガツンと衝撃がくる作品ではないものの、どれもとても質が高く、短いながら芳醇で濃厚な余韻を残す。収録作5篇の中から選ぶのは難しいが、1作品は今年の個人的短編小説10選に入ると思う。他作品も絶対に邦訳して欲しい!2021/08/21

サンタマリア

57
好きな作家がまたひとり増えてしまった。歪な人間関係を魚や猫といった生き物を用いて繊細に表現している。巧みな技術で描かれたひび割れたコップのデッサンといったところか。22歳の小童には出会うのが早かった本ではあるが、それでも面白かった。いくつになっても僕の本棚にはこの本があり、何回でも読み返すことになると確信している。彼女の他の作品の日本語訳も待ち遠しい。2021/08/27

(*'ω' *)@k_s

42
市立図書~日常に潜む人間の心理を、様々な生き物の生態に落とし込むようにして描かれた5つの短編集。夫婦、親になること、妊娠、浮気など、登場人物達の心の機微が、生き物に投影されています。どれも異質で不穏な空気を孕みつつ、それでいて読み進めたくなる中毒性の強い作品でした。新入荷コーナーで見つけた1冊。この方の本、他にも読んでみたいな✨2022/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18392644

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。