優生保護法が犯した罪―子どもをもつことを奪われた人々の証言 (増補新装版)

個数:

優生保護法が犯した罪―子どもをもつことを奪われた人々の証言 (増補新装版)

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 328p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768458273
  • NDC分類 498.25
  • Cコード C0036

内容説明

優生保護法はなくなっても、今なお残る優生思想の陰。新たな被害証言、優生手術台帳の資料開示、日弁連「意見書」など、優生手術に対する謝罪と補償を求める運動の進展と資料を加えた増補新装版。

目次

第1部 声にできなかった想い(私の身体を返してほしい―優生保護法が犯してきた罪;補償はいらない、ただ謝ってほしい ほか)
第2部 優生保護法を問い直す(日本の優生法の歴史;らい予防法と優生保護法 ほか)
第3部 日本だけじゃない―諸外国の動向(ドイツはどう向き合ってきたのか―ナチスの強制不妊手術・安楽死計画被害者に対する戦後補償;優生手術に対する謝罪を求める会、一九九九年十月十六日集会へのメッセージ ほか)
第4部 謝罪と補償を求める運動の経過(「求める会」の運動の経過;「産む産まないは女が決める」そして、「産んでも産まなくても、私は私」 ほか)

出版社内容情報

「不良な子孫の出生予防」を目的とする優生保護法下、優生手術や子宮摘出を受けた被害者の証言を掘り起こし、謝罪と補償の道を探る。日弁連意見書、女性差別撤廃委員会勧告、新たな被害者の出現等を受けた増補版。


優生手術に対する謝罪を求める会[ユウセイシュジュツニタイスルシャザイヲモトメルカイ]
編集