覇権なきスーパーパワー・アメリカの黄昏―迷走するアメリカの「正義」の行方

個数:
  • ポイントキャンペーン

覇権なきスーパーパワー・アメリカの黄昏―迷走するアメリカの「正義」の行方

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 259p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768456101
  • NDC分類 319.53
  • Cコード C0031

内容説明

オバマ政権が背負うブッシュ時代の「負の遺産」を浮き彫りにし、テロとネオコンのはざまに揺れる世界の課題を明らかにする。

目次

1 アメリカの中央アジア政策―敵の敵は味方
2 冷戦の終わりとともに―変わる戦略地図
3 テロリスト・ネットワークの構築―オサマ・ビンラディンの世界聖戦
4 ブッシュ政権の誕生―ホワイトハウスのネオコン支配
5 CIA・FBI対アルカイダ―9/11への道
6 9/11―同時多発テロの発動
7 翻る星条旗の下に―躍動するブッシュ政権
8 ブッシュの戦争―アフガニスタン、そしてイラク
9 覇権なきスーパーパワー―ブッシュのアメリカ
10 オバマ政権―アメリカは再生できるか

著者等紹介

秋元健治[アキモトケンジ]
青森県弘前市出身。早稲田大学社会科学部卒業、東北学院大学経済学研究科(経済学修士)、岩手大学大学院連合農学研究科(農学博士)。現在、日本女子大学家政学部家政経済学科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。