シリーズ「社会臨床の視界」<br> 心理主義化する社会

個数:

シリーズ「社会臨床の視界」
心理主義化する社会

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月18日 14時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 298p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768434789
  • NDC分類 146
  • Cコード C0330

内容説明

なぜ悩み苦しみを心理学的に理解しようとしはじめたのか?心理主義の浸透がひきおこす問題を考える。グローバル化と個人・心理主義化のはざまで、教育・福祉・医療の現状を分析。

目次

第1章 「心理主義」と、その教育への浸透
第2章 社会の心理主義化をどのように捉えるか?―三つの立場
第3章 健康不安の湧出と「癒し」イデオロギー―禁煙言説にみる「悪」と「癒し」の創出過程
第4章 「ファシズム的な社会」と心理学
第5章 いま、なぜ、「発達障害」なのか、WISC‐IIIなのか?
第6章 発達論としてのアイデンティティ論―エリクソン理論を再考する