子ども観の戦後史 (増補改訂版)

個数:

子ども観の戦後史 (増補改訂版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月27日 12時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 574p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768434727
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C0030

内容説明

保護育成の「子ども観」を解体し、社会的存在としての「子ども像」創出に挑戦。

目次

児童思想史の課題と視点
「原爆」と「戦争孤児」
世代継承の原型
浮浪児の栄光
混血児の母
教育基本法の思想
戦後児童心理学の源流
鐘の鳴る丘
「新しい学校」の実践
人間形成と「経験」〔ほか〕

著者等紹介

野本三吉[ノモトサンキチ]
1941年東京生まれ。小学校教師、日本列島放浪、地方公務員、横浜市立大学教員などを経て、沖縄大学こども文化学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう。

21
戦後の子ども観を、その時々の社会問題と結びつけながら論じられていたように思います。内容は、研究と言うよりも、著者自身が目指している「子ども臨床学」といった感じで、臨床家が自らの思いを込めて書いたもののように感じました。2015/10/19

kozawa

2
いまいち実証性に欠ける話題が多くて(分かりやすいところで言えば、近年の少年犯罪が分からない、増えている、少年の心がわからない等の典型的な立場に立っている)、エッセイ的で…その割にはまともな方なのかもしれない。それでも、戦後の子ども問題を見てきたのは確かであって、最近の若い人の妄想の「以前の子ども」よりは正しいことも書いてはある。実際には近代の子ども観等から言及あるが、実感が伝わってくるのはアリエスから、そして70年代以後のいじめ、戸塚、ヤマギシその他。確かにそういう話題があの時確かにあった。読んで、後悔ま2011/07/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/982375

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。