自治と当事者主体の社会サービス―「福祉」の時代の終わり、マイノリティの権利の時代の始まり (増補改訂版)

個数:

自治と当事者主体の社会サービス―「福祉」の時代の終わり、マイノリティの権利の時代の始まり (増補改訂版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月14日 20時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 236p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784768434154
  • NDC分類 369
  • Cコード C0030

内容説明

本書はこれまでの「福祉」を総括し、新しい社会サービスの政策を論じ、今後の方向を見定めようとしたものである。

目次

第1章 災害の中での障害者生活
第2章 復興からノーマライゼーションの実現へ
第3章 自己決定権からみたノーマライゼーション
第4章 障害者基本法の意義と問題点
第5章 当事者主体の障害者基本計画づくり
第6章 社会保障の予想される変化と効率的な運営
第7章 保健福祉計画の住民からの点検
第8章 対策としての福祉から自立支援のサービスへ
第9章 住民の豊かさと人権を保障するシステム
第10章 公的介護保険の導入の利点と問題点
第11章 予算にあらわれた政策転換
第12章 社会サービスの当事者主体への政策転換