子どもという不安―情報社会の「リアル」

子どもという不安―情報社会の「リアル」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 350p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768433850
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C0030

内容説明

現実の「子ども」とオトナが抱いている「子ども観」の間の亀裂が修復不可能なほど拡大してしまっている現在、子どもの変貌の背後にあるものをみつめる。

目次

第1部 子どもの情況(イメージのゆらぎ;子どもの変容;感性の時代;何が生じているか?;現象の背後にあるもの;ゲーム化社会の感性;新しき「小さな大人」の誕生)
第2部 不安の行方(子どもの危機?;子どもの管理と人権;無気力な子どもたち;「普遍的な子ども」という神話;「子どもの科学」の無効性;子どもの存在理由;子どもの黄昏)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

抹茶ケーキ

0
子ども関連のエッセイ集。テーマを手広く扱いすぎててとっ散らかってる印象がある。部分部分は面白い。2016/02/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1349180

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。