いま読む!名著<br> 生を治める術としての近代医療―フーコー『監獄の誕生』を読み直す

個数:

いま読む!名著
生を治める術としての近代医療―フーコー『監獄の誕生』を読み直す

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年07月07日 19時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768410059
  • NDC分類 498
  • Cコード C0310

内容説明

1975年『監獄の誕生』出版。1984年フーコー死去。その後の世界を大きく変化させたグローバリゼーションと情報社会の進展はフーコーの「監獄」を思いもかけない形に変容させた。私たちの身体に密かに浸透している「医療という権力」は何を統治しようとしているのか。それに抵抗する術はあるのだろうか。いま!の問題意識で名著を読み直す人気シリーズ。

目次

序章 ミシェル・フーコー紹介:医療社会学の視点から
第1章 切断して支配せよ―権力の痕跡と部分的身体
第2章 言説の外―知ることと治めること
第3章 生を治める―現代社会のバイオポリティクス
第4章 非‐病院のために―臨床の医学・帝国・植民地
第5章 (予)知は力である―身体情報と先制攻撃
終章 抵抗の限界を横断する

著者等紹介

美馬達哉[ミマタツヤ]
1966年生まれ。京都大学大学院医学研究科博士課程修了(医学博士)。現在、京都大学医学研究科准教授。専攻領域は、脳科学、医療社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件