食品因子による栄養機能制御

個数:
  • ポイントキャンペーン

食品因子による栄養機能制御

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月27日 03時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 283p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784767961811
  • NDC分類 498.55
  • Cコード C3047

目次

食品因子による栄養機能制御の概説
第1編 少糖類・多糖類による栄養機能制御(難消化性オリゴ糖によるフラボノイド生理作用の増強;難消化性糖質の機能性)
第2編 呈色・呈味・香気因子による栄養機能制御(脂肪・エネルギー代謝とβクリプトキサンチン;褐藻由来フコキサンチンの抗肥満・抗糖尿病作用;胆汁酸受容体TGR5を標的とした抗肥満・血糖降下作用をもつ機能性食品成分;ネギ属植物の含硫成分の機能性)
第3編 ポリフェノールによる栄養機能制御(クルクミンをはじめとする食事由来因子と消化管ホルモン分泌、糖尿病予防;クルクミンの吸収・代謝および培養細胞への取り込み―生理作用発現機構との関係性;北海道で命名されたレスベラトロールのPPAR活性化を介した機能性;機能性食品成分の腸管上吸収機構およびトランスポーター制御;ポリフェノール類による転写制御を介した代謝改善効果;プロシアニジンによる血糖ならびに脂質代謝調節;筋萎縮予防因子としての食事性ポリフェノール;骨・脂質・糖代謝を制御するポリフェノール;大豆イソフラボンの有用性と安全性;緑茶カテキンを生体が感知するしくみ;食品因子による栄養機能制御研究において解決すべき課題と期待すること)