土とワイン―土壌が教える自然ワインと造り手たち

個数:
  • ポイントキャンペーン

土とワイン―土壌が教える自然ワインと造り手たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月29日 17時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 471p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784767826516
  • NDC分類 588.55
  • Cコード C0077

出版社内容情報

欧米を中心としたさまざまなワイン産地を、土壌の基岩を基準に分類し、それぞれの土壌特性と、その地で生まれるブドウとワインの特徴を考察したワインガイドです。土壌の個性を引き出そうと奮闘するワイン醸造家たちを訪問した記録と彼らの声や、地質学の専門家の意?を引?しながら、土壌の科学的要素がブドウとワインに与える影響について、親しみやすい文章で解説していきます。有名な産地だけでなく、無名ながらも優れた土壌の産地にも目を向け、土壌ごとに紹介された推奨ワイナリーリストも掲載。

内容説明

ブドウを生み育てた大地に潜むワインの真実。基盤岩から世界各地のワイナリーを見る、これまでになかったワインガイド!どうしたら、極上のワインを選べるのだろうか?その秘密は「土」にあった!ワインの味わい方・楽しみ方のコツから、基盤岩ごとのブドウとワインの特徴、基盤岩別・世界各地のワイナリー訪問記まで、これを読めばワインをもっと深く楽しめる情報が満載!

目次

序章 ワインを生み出す土の世界(土壌とは;正しいワイン造りとは ほか)
第1章 火成岩(凝灰岩を含む)(玄武岩質土壌;凝灰岩質土壌 ほか)
第2章 堆積岩(石灰岩質土壌;シレックス(火打石)質土壌 ほか)
第3章 変成岩(粘板岩質土壌と片岩質土壌;片麻岩質土壌 ほか)
終章 フランス孤高の地アルザス(アルザスの五十一の認定区画とその土壌の母岩)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ごじ

13
おもしろかった。著者はワインジャーナリストだが、チャラいワインジャーナリストとは一線も二線も画する。「分からないなら分かられなくてヨシ」とする職人精神が、地質学に関してだけでなく真に良質なワインとは何かにまで行き渡っていた気がした。目次からして硬派。1章火成岩、2章堆積岩、3章変成岩。この本読んでからセンター地学とか受けたいですね。それに間に合わせるためにも遅くとも14歳位からワインを学ばないといけない。「テロワール」という言葉を濫りに口にすべからず。ルペルティエさんにはそう窘められた。はい…すみません。2020/07/06

Yasuyuki Kobayashi

0
ワインのテロワールを学ぶ上で、わかりやすく基本からワールドワイドの詳細まで考察した良書でした。2020/03/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14923957

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。