ワーク・ファミリー・バランス―これからの家族と共働き社会を考える

個数:

ワーク・ファミリー・バランス―これからの家族と共働き社会を考える

  • ウェブストアに43冊在庫がございます。(2022年01月20日 14時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784766427790
  • NDC分類 366.3
  • Cコード C3036

出版社内容情報

▼日本が目指すべき稼得・ケア共同型社会のあり方とは?



これまで内閣府の調査に携わり、スウェーデンとの比較から日本の政策に提言を行ってきた編者が中心となり、スウェーデン・ドイツ・オランダの子育て世代と、各国に家族で駐在した経験のある日本人に対して行ったインタビュー調査をもとに、4カ国の実態を比較する。



EUのなかでも福祉が充実し、多様な働き方・多様な家族のあり方を追求する3カ国で、男女が共に家族と仕事を両立するための政策がどのように機能し、どんな課題を抱えているか、生活の中からリアルに描き出す。



ベネフィットと課題を参考にして、これからの日本が目指すべき両立支援のあり方や価値観の変容について提言を行う画期的な一冊!

内容説明

スウェーデン・ドイツ・オランダの子育て世代にインタビュー調査し、男女が共に家族と仕事を両立するための政策と課題を、生活の中からリアルに描き出す、意欲作!

目次

序章 ワーク・ファミリー・バランス社会のあり方を考える
第1章 共働き家族のリアル 日本
第2章 男女とも仕事と子育てを両立させる国 スウェーデン
第3章 労働未来論から稼得・ケア共同モデルへ ドイツ
第4章 パートタイム大国 オランダ
第5章 同性カップルのワーク・ファミリー・バランス―欧州3カ国における制度と現実のはざまで
終章 日本のワーク・ファミリー・バランスの実現に向けて

著者等紹介

高橋美恵子[タカハシミエコ]
大阪大学大学院言語文化研究科教授。ストックホルム大学社会学研究科博士課程修了。Ph.D.(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

jackbdc

6
北欧と日本の比較が衝撃的。日本人の勤務時間は長く休日は少なく賃金は安い。数々の指標が明らかにする。何がどうしていてこうなっているのか?日本人はそんなに不幸だろうか?私には実態が良く分からない。日本にも改善の余地はあるだろう。それは北欧も同様。必要な対処策は行うべきである。昨今言われる”無駄を省き生産性を上げよ”という話はどうか?長所と短所は表裏一体、無駄と言われる部分にこそ日本独特の善さが隠れているかも。多面的に捉えたい。外国の真似をするのではなく日本独自の改善策を粛々と行う事が重要なんだろうと考える。2021/12/28

Go Extreme

1
ワーク・ファミリー・バランス社会のあり方を考える 共働き家族のリアルー日本 男女とも仕事と子育てを両立させる国ースウェーデン 上司の姿勢とオンオフの使い分け 仕事の時間の使い方と働く父親像に見る日本との違い 労働未来論から稼得・ケア共同モデルへードイツ 会議の違いが決めるプライベート時間確保 ドイツは「人」が決めるのに対して日本は「組織が決める」 パートタイム大国ーオランダ 同性カップルのワーク・ファミリー・バランス 欧州3カ国における制度と現実のはざまで 日本のワーク・ファミリー・バランスの実現に向けて2021/11/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18723492

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。