井筒俊彦全集〈第6巻〉意識と本質―1980年‐1981年

個数:
電子版価格 ¥6,600
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

井筒俊彦全集〈第6巻〉意識と本質―1980年‐1981年

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月27日 21時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 516p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784766420760
  • NDC分類 120.8
  • Cコード C3310

目次

一九八〇年(意識と本質―東洋哲学の共時的構造化のために;神秘主義の根本構造(上田閑照・大沼忠弘との鼎談)
イスラームの二つの顔―時局的関心の次元を超えイスラームという宗教・文化の精神を把握するための方途を説く
転変を重ねて
第一級の国際人
『イスラーム神秘主義におけるペルソナの理念』序詞)
一九八一年(『みすず』読書アンケート(一九八〇年)への回答
イスラーム文明の現代的意義(伊東俊太郎との対談))

出版社内容情報

「東洋思想」の新たな世界を切り拓こうとした主著「意識と本質」を収録。また、解題では『意識と本質』各版の重要な校異を記す。

井筒俊彦の最高傑作、いよいよ登場!

▼海外での20年に亙る活動をへて、「東洋思想」の新たな世界を切り拓こうとした主著「意識と本質」を収録。
また、解題では収録作品の基本的な書誌情報に加え、『意識と本質』各版の重要な校異を記す。

▼著作集、単行本未収録の「転変を重ねて」では井筒の意外な一面が語られる。

▼月報は三浦雅士、中根千枝、合庭惇各氏が寄稿、井筒像を多角的に語る。

凡 例

 <b>一九八〇年</b>
意識と本質――東洋哲学の共時的構造化のために
神秘主義の根本構造 〔上田閑照・大沼忠弘との鼎談〕
イスラームの二つの顔 ―― 時局的関心の次元を超えイスラームという
 宗教・文化の精神を把握するための方途を説く
転変を重ねて
第一級の国際人
『イスラーム神秘主義におけるペルソナの理念』序詞

 <b>一九八一年</b>
『みすず』読書アンケート(一九八〇年)への回答
イスラーム文明の現代的意義〔伊東俊太郎との対談〕 

 解 題 木下雄介
 索 引

【著者紹介】
井筒 俊彦
1914年東京・四ツ谷生まれ。1937年慶應義塾大学英語英文学科卒業、同大学文学部助手。1941年『アラビア思想史』、49年『神秘哲学』。1959年から2年間にわたって中近東・欧米でイスラーム研究に従事。1961年マギル大学客員教授、69年同大学イスラーム学研究所テヘラン支部教授、75年イラン王立研究所教授。
1979年イラン革命激化のためテヘランから日本に帰国。『意識と本質』(1980-82年)、『意味の深みへ』(1985年)、『コスモスとアンチコスモス』(1989年)、『超越のことば』(1991年)、絶筆『意識の形而上学』(1993年)など代表著作を発表。1993年北鎌倉の自宅にて逝去(78歳)。