キャンプ論―あたらしいフィールドワーク

個数:

キャンプ論―あたらしいフィールドワーク

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年03月05日 07時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 216p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784766416954
  • NDC分類 002.7
  • Cコード C0036

内容説明

今日から始められる、フィールドワーク入門!「キャンパス」から「キャンプ」へ―。教室とは少し違う、もう一つの学びの場がまちにある。ちいさな出会いと自分だけの発想を求めて、さあ、ケータイをもって、まちに出よう。

目次

はじめに―「キャンプ」という試み
1 なぜ「キャンプ」が必要なのか
2 どのように「キャンプ」をはじめるか
3 「キャンプ」とメディア
4 「キャンプ」のためのトレーニング
5 「つながりかた」を考える
6 フィールドワークの「創造力」
おわりに―そして「キャンプ」は続く

著者等紹介

加藤文俊[カトウフミトシ]
慶應義塾大学環境情報学部准教授。京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。ペンシルバニア大学大学院Annenberg School for Communication、ラトガース大学大学院School of Communication,Information,and Library Studies修了(Ph.D.)。慶應義塾大学環境情報学部助手、龍谷大学国際文化学部専任講師、助教授を経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。