組織不正の心理学

個数:
  • ポイントキャンペーン

組織不正の心理学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月14日 01時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 201p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784766413885
  • NDC分類 335.15
  • Cコード C1012

出版社内容情報

組織内で起こる不正予防のための心理学を使った新しい分析と教育方法を提示する注目の書。組織の倫理教育、倫理基準作りに役立つテキスト。企業だけでなく、学校、官公庁、病院、マスコミなど、非営利的側面の強い組織の倫理教育にも使える、新しい教育方法を提示する。

内容説明

頻発する組織不祥事を防ぐ処方箋!倫理性が高く、活力ある組織づくりのための倫理教育プログラムを、心理学を使った新しい企業倫理学が提示する。

目次

序―組織倫理への心理学的アプローチ
理論編(組織倫理とコミュニケーション)
ケーススタディ編(組織不祥事の心理―テレビ局の事例から;危機管理とマスメディア対応;医療現場のクライシス・コミュニケーション)
教育方法論編(倫理意識向上のための倫理教育プログラムの開発;倫理教育とオートポイエーシス)

著者等紹介

蘭千壽[アララギチトシ]
1979年、九州大学大学院教育学研究科博士課程(教育心理学)修了。教育学博士。千葉大学教育学部教授。専門は、教育心理学と社会心理学。オートポイエーシス論と教育の接続に関心がある

河野哲也[コウノテツヤ]
1993年、慶應義塾大学大学院後期博士課程(哲学)修了。博士(哲学)。玉川大学文学部准教授。専門は、哲学と倫理学(組織倫理・科学技術論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

中川采美

5
これも、高志塾課題対策のために読んだ本。ちょっと、、何が言いたかったのかわからなかった…私の読解力のなさが問題?ですが、課題は無事に仕上がり期日に間に合いましためでたしめでたし。2016/06/22

たろう

5
章ごとに執筆者がいるので話が飛んでついていきずらかった。5章6章は倫理意識向上のためのプログラム開発なのでパラパラと。不正を行う心理より、失敗をした時不正をしないためにどうするか、により焦点が当てられたように感じる。2012/02/10

なおゆき

0
修士論文用の先行研究文献として2015/05/20

akanishi

0
最近どうもこの系統の著作を読むことが多くなりました。さて、個人の倫理意識を高めることは必要なのだが、組織としての不正はむしろマジメな人が起こすのだ、とそういうことが書かれています。2011/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1111348
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。