公共ホールの政策評価―「指定管理者制度」時代に向けて

個数:

公共ホールの政策評価―「指定管理者制度」時代に向けて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月23日 18時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784766412208
  • NDC分類 689.7
  • Cコード C3070

内容説明

公共ホールのアイデンティティーとは?公共ホールに求められるアカウンタビリティとは?文化施設の実地調査にもとづき、公共ホールの総合的な評価指標を開発。さらに、地域貢献的な文化活動を推進するための公共ホール運営のあり方を提言する。

目次

第1章 公共ホール評価指標の構築に向けて
第2章 公共ホール運営のアカウンタビリティ―自主事業の役割とその評価
第3章 公共ホールにおける教育プログラムとその評価
第4章 公共ホールにおける住民参画運営と市民参加公演
第5章 伝統芸能と公共ホールのアイデンティティー
第6章 公共ホールのヒューマン・リソース
補章 アメリカの大学による舞台芸術公演事業とそれに対する評価の概念―日本の公共ホールとの比較考察

著者等紹介

中矢一義[ナカヤカズヨシ]
慶應義塾大学名誉教授。東京外国語大学英米科卒業(1962)、東京都立大学人文科学研究科博士課程中退(1968)後、同大学英文研究室助手(1968~69)、國學院大學専任講師(1969~1973)を経て、1973年慶應義塾大学法学部専任講師となり、助教授(1979)、教授(1986)を経て、2005年定年退職。研究分野は18世紀イギリス芸能史。長岡リリックホール館長(1996~2002)。在職中、国際音楽フェスティヴァル、オペラなどの総合プロデュースを多数手がけた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。