アナトミカル・ヴィーナス―解剖学の美しき人体模型

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ キガイ判/ページ数 224p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784766129441
  • NDC分類 759
  • Cコード C0076

内容説明

18世紀から19世紀にかけて解剖学的に正しく分解できる精緻な人体模型が穏やかならぬ数で作られ世界各地の博物館や移動式遊園地で女性解剖模型として展示されていた。その、数奇な歴史と矛盾に満ちた存在、医学と神話、奉納品と民芸品、キワモノと芸術の狭間を揺れ動いてきたヴィーナスたちを、鋭い解説が追い、検証する。カラー図版324点を含む、図版366点を掲載。

目次

はじめに 解剖学の謎を解く
第1章 解剖学のヴィーナスの誕生
第2章 蝋の使用 聖なるものから科学へ
第3章 移動式遊園地の女神
第4章 エクスタシー、フェティシズム、人形崇拝
第5章 不気味な女神、機械の中の幽霊

著者等紹介

エーベンステイン,ジョアンナ[エーベンステイン,ジョアンナ] [Ebenstein,Joanna]
ニューヨークをベースとするアーティスト、キュレーター、独立した研究者である。病理解剖学ブログ・文書館の創設者で、ニューヨーク、ブルックリンの病理解剖学博物館の共同設立者でもある(トレイシー・ハーリー・マーティンと共同設立)。彼女の写真と著作は世界各国で展示・出版され、また世界各地の研究・娯楽施設で定期的に講演を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Vakira

33
本屋だったか?図書館だったか?思春期の頃にこの人体模型の写真を見た。フランスの画家カバネルの「ヴィーナスの誕生」の様なその薄目を開けて恍惚とした表情に・・・そのページを破いて持って帰りたい衝動に駆られた。一目惚れでした。なんでこんなにもこの人体模型を妖艶に感じてしまうのか?多分少年探偵団繋がりで小学生の頃から江戸川乱歩の猟奇小説を読んたせいだ。僕は少年にして変態になってしまったんだ、と自覚した記憶。あれから数十年。読メに感謝。読友さん情報のお陰でこうやって再会を果たす。そしてしっかり購入。もう君は僕のもの2017/03/17

タミイ

7
18〜19世紀、人体や病変の精緻な図像が数多く作られ解剖学が発展した時代に生まれた、美しく官能的な表情を湛える美女の人体解剖模型!医学教材というよりむしろ神の創造した人間の性質と生死を表現する芸術・宗教にも通じる?作品の数々。スジーニ作「解剖学のヴィーナス」他、世界中で作られたヴィーナス達は医学博物館の展示物や移動式遊園地の見世物にもなっていたとか。科学とキワモノと芸術、教育とグロテスク趣味のギリギリ境界線にある妖しい魅力を感じた。が、シュビツナー博物館の妊産婦の手術模型はさすがに思わず目を背ける強烈さ。2017/07/06

blue_elephant

5
良い。本当に佳き本。エロスとタナトス。美しきヴィーナスたちの横たわる姿態は、生々しくエロティシズムに溢れていて、眠る横顔はエクスタシーを感じているかのように。人体模型は芸術の域。監修は布施英利氏も良い。ベルニーニの『聖テレジアの法悦』に通じるが、キワモノとして見世物とされた一面もあり、いろいろ意味で悩ましい。2019/06/28

gelatin

5
★★★★ 苦手な人はたとえ作り物であっても耐え難いだろうと思う。リアルである。作り手の悪趣味さが充分感じられる見世物めいた側面も否めない。フリークスの写真集を見たときの気持ちに似ているが、そこに人格が無いぶん確信的な好奇が如実で、本来の意図を曖昧にしている。だがその上で、1枚、心を掴まれる写真があった。美しい表情と乳房と、その腹の中を晒して静寂。博物館でこの一体だけに出会ってみたかったなぁ、と思う。2017/02/12

zikisuzuki

4
解剖学のビーナスを科学、死、肉体、神、人形愛などの視点から考察していて学ぶところが多い。しかし、この本の魅力は何と言ってっも写真だ。体の内部を開かれてなお、畏れるばかりの美しい彼女達の顔が、穏やかさだったり、法悦だったり、驚きや苦痛だったりの表情を見せて胸を騒がせる。そして拡大した部位細部の写真に驚愕させられる。凄い本だ。2017/10/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11512457

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。