MFブックス<br> 魔導具師ダリヤはうつむかない―今日から自由な職人ライフ〈1〉

電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

MFブックス
魔導具師ダリヤはうつむかない―今日から自由な職人ライフ〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 324p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040653075
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

魔法のあふれる異世界で、自由気ままなものづくりスタート!「もう、うつむくのはやめよう」
転生者である魔導具師のダリヤ・ロセッティは、決められた結婚相手からの手酷い婚約破棄をきっかけに、自分の好きなように生きていこうと決意する。
行きたいところに行き、食べたいものを食べ、何より大好きな“魔導具”を作りたいように作っていたら、なぜだか周囲が楽しいことで満たされていく。
「これも、君が作ったの!?」「この際だから商会、立ち上げない?」
ダリヤの作った便利な魔導具が異世界の人々を幸せにしていくにつれ、作れるものも作りたいものも、どんどん増えていって――。
魔導具師ダリヤの、自由気ままなものづくりストーリーが今日ここからはじまる!

甘岸久弥[アマギシヒサヤ]
著・文・その他

[ケイ]
イラスト

内容説明

「もう、うつむくのはやめよう」転生者である魔道具師のダリヤ・ロセッティは、決められた結婚相手からの手酷い婚約破棄をきっかけに、自分の好きなように生きていこうと決意する。行きたいところに行き、食べたいものを食べ、何より大好きな“魔導具”を作りたいように作っていたら、なぜだか周囲が楽しいことで満たされていく。「これも、君が作ったの!?」「この際だから商会、立ち上げない?」ダリヤの作った便利な魔導具が異世界の人々を幸せにしていくにつれ、作れるものも作りたいものも、どんどん増えていって―。魔導具師ダリヤの、自由気ままなものづくりストーリーが今日ここからはじまる!

著者等紹介

甘岸久弥[アマギシヒサヤ]
山形県出身。2018年に「小説家になろう」に作品を投稿したことが執筆のきっかけ。投稿からまもなくして『魔導具師ダリヤはうつむかない―今日から自由な職人ライフ』が話題となり、2018年10月に商業出版デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

80
結婚後の新居での引っ越しを済ませた直後に真実の愛に目覚めた相手から婚約破棄を言い渡される。それを淡々と処理して元の家に戻ってと、かなりハードな出だし。さらに最近開発した商品の開発者名義を婚約者の名前にされてた事も発覚。どんだけ酷い事をするんだこの婚約者は、、そんなヒロインの前に現れる伯爵の末っ子が血塗れで現れる。怪我をしており、モンスターの返り血で目も霞んでいるイケメンに男と偽って接するヒロイン。それが良い出会いだったようで、ヒロインは心安らぐ友人を新たに手に入れる。なかなか面白い。2021/08/23

サンゴ

63
ドライヤーを作ろうとして火炎放射器を作ってしまうとは2023/08/28

すがはら

58
頑張る真面目な女の子が報われる話は良いですね。展開上仕方ないとは言え、元婚約者の非常識っぷりが哀れなレベルです。後で路頭に迷わないといいのですが。異世界転生ものだけど、前世は技術者でもないので生活用品についての一般的な記憶が製品化に役立っている程度の弱いチート感。ヴォルフのイケメンぶりを直視しても挙動不審にならないヒロインはどこに煩悩を置いてきたのか。対するヴォルフは水面下の恋心が確定してるそうなので今後に期待です。眼鏡で平穏を得てあんなに喜ぶとは美形には美形の苦労があるのですね。2020/05/03

dorimusi

46
Kindle Unlimited. なろう系。転生、婚約破棄もの。なんていうかもはや様式美?テンプレに従わないと受け入れられないのか? でも、これは面白かった。極端なチート能力とか無いのと主人公の落ち着いた思考・性格、そして読みやすい文章。 おじさんにも優しい日常系?ラノベじゃなかろうか。 本で買うか電子書籍で買うか迷うな……2022/02/06

よっち

40
親に決められた婚約者からの手酷い婚約破棄をされた転生者の魔導具師ダリヤ。それをきっかけに、自分の好きなように生きていこうと決意する自由気ままなものづくりストーリー。周囲も気遣ってくれた婚約破棄の手続き、心機一転地味だった自分を変えて、婚約者の商会との今後の取引を立ち上げて自ら立ち上げた商会、そして魔物討伐部隊に所属する美形騎士ヴォルフレードとの出会い。人生が激変するとこれまで見えていなかったことが見えてきて、楽しいものを追求したいダリヤにとってはいい方向に運命が動き始めた感がありますね。続きが楽しみです。2023/07/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13142285
  • ご注意事項