立憲民主党を問う―政権交代への課題と可能性

個数:
  • ポイントキャンペーン

立憲民主党を問う―政権交代への課題と可能性

  • 吉田 健一【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 花伝社(2021/06発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)※店舗受取は対象外です。
  • ポイント 75pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月29日 19時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784763409713
  • NDC分類 315.1
  • Cコード C0031

内容説明

今度こそ、“真の政権交代”は実現されるのか?野党第一党・立憲民主党のあるべき姿はこれだ!自民党政治の劣化と限界を誰もが感じるなか、再編を繰り返してきた野党は、どこまで政権担当能力を獲得できたのか?内実を伴った本当の意味での政権交代でなければ意味がない―政治思想、外交政策など、気鋭の政治学者が大胆に提言する現代日本政治の進路。

目次

第1章 政治改革の評価について―平成時代の政治改革をどう見るか
第2章 小沢一郎氏とは何であったのか
第3章 政治の劣化と格差社会
第4章 立憲民主党の目指すべき方向と支持基盤について考える
第5章 立憲民主党と野党は政治思想的にはどうあるべきなのか
第6章 野党の外交政策はどうあるべきなのか

著者等紹介

吉田健一[ヨシダケンイチ]
1973年京都市生まれ。2000年立命館大学大学院政策科学研究科修士課程修了。修士(政策科学)。2004年財団法人(現・公益財団法人)松下政経塾卒塾(第22期生)。その後、衆議院議員秘書、シンクタンク研究員等を経て、2008年鹿児島大学講師に就任。現在鹿児島大学学術研究院総合科学域共同学系准教授。専門は政治学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。