法と心理学会叢書<br> 裁判官の心証形成の心理学―ドイツにおける心証形成理論の原点

個数:

法と心理学会叢書
裁判官の心証形成の心理学―ドイツにおける心証形成理論の原点

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 145p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784762824920
  • NDC分類 327.934
  • Cコード C3032

目次

裁判官の心証形成の心理学(問題の提起;帝国裁判所の実務とその批判;より古い文献について;哲学問題としての心証形成―明証の問題;心証形成の心理学的分析(解決行為→解決意識→検証))
付録(論文紹介;書籍紹介)

著者等紹介

ボーネ,G.[ボーネ,G.][Bohne,Gotthold Hermann]
1880年7月25日、ケムニッツ郊外のブルクシュテットに生まれた。グライフスワルト、イェーナの両大学でまず神学と哲学、次いで医学と法学を学び、1922年にライプチッヒ大学私講師となった。その後間もなくケルン大学から招聘を受けてそこに移り、1923年には正教授に就任した。以後他大学からの招聘も断ってずっと同大学にとどまり、1957年8月28日ケルンで死去した

庭山英雄[ニワヤマヒデオ]
1929年群馬県生まれ。1957年京都大学法学部卒業。1966年一橋大学大学院法学研究科博士課程修了。1974‐75年欧米留学。1979年法学博士(京都大学)。中京大学、香川大学、専修大学各教授を経て、現在、弁護士、公設弁護人研究所(法学館)所長、法と心理学会監事

田中嘉之[タナカヨシユキ]
1942年岐阜県生まれ。1965年一橋大学法学部卒業。1965年司法試験合格。1967年一橋大学法学研究科修士課程修了。1967‐69年司法修習。1969年名古屋にて弁護士開業。幅広く実務を行なうかたわら、大学院時代以来の研究にも従事。2001年一橋大学に提出予定の博士論文準備中、虚血性心疾患により急逝(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。