体験と経験のフィールドワーク

個数:

体験と経験のフィールドワーク

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月24日 21時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 140p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784762824760
  • NDC分類 002.7
  • Cコード C3036

目次

第1章 「社会調査」という違和感(はじめての社会調査;講座による社会調査 ほか)
第2章 フィールドでの出会い―私はあなた方のことをどのように呼べば良いのだろうか?(日本のエスニシティ研究における“出会い”;“出会い”以前の問題 ほか)
第3章 フィールドでの恋愛(恋愛とは;社会調査やフィールドワークにおける恋愛の可能性 ほか)
第4章 “出来事”の生成―幼児同士の「トラブル」に見る説明の妥当性について(肉眼がとらえた“出来事”;録音・録画された“出来事” ほか)
第5章 フィールドワーカーと時間(渡邊・佐藤論文における「視点」の問題;フィールドワークにおける「視点」の問題 ほか)

著者等紹介

宮内洋[ミヤウチヒロシ]
高崎健康福祉大学短期大学部児童福祉学科助教授。臨床発達心理士。専門社会調査士。日本学術振興会特別研究員DC1、琉球大学非常勤講師、日本学術振興会特別研究員PD等を経て現職。これまでの著書(分担執筆)として、山田富秋・好井裕明編『エスノメソドロジーの想像力』(せりか書房,1998年)、志水宏吉編『教育のエスノグラフィー』(嵯峨野書院,1998年)、好井裕明・桜井厚編『フィールドワークの経験』(せりか書房,2000年)、無藤隆・倉持清美編『保育実践のフィールド心理学』(北大路書房,2003年)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。