東大まちづくり大学院シリーズ<br> サステイナブル都市の輸出 - 戦略と展望

個数:

東大まちづくり大学院シリーズ
サステイナブル都市の輸出 - 戦略と展望

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月22日 11時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 288p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784761532307
  • NDC分類 518.8
  • Cコード C0052

出版社内容情報

先進各国の進出が著しいインフラ輸出ビジネス。日本も技術を活かした官民連携の整備が急務だ。先進事例と産官学各分野からの総括アジア発展途上諸都市へのインフラ輸出ビジネスが急成長中だ。既にシンガポールや韓国の進出が著しく、日本も開発援助で培った信頼関係、耐震・環境技術等、質の高いインフラ技術を活かした官民連携の整備が急務だ。北九州や横浜等の自治体及び民間の先進事例と共に、政府、行政、研究者、民間の各観点から現状と課題を総括

序章 新興国・途上国都市のサステイナビリティと都市輸出(城所 哲夫・原田 昇)

■ I 部 世界の都市整備ニーズと日本の役割
1章 日本の都市輸出戦略(和泉 洋人)
2章 都市ソリューション輸出の戦略と展望(野田 由美子)
3章 都市整備──区画整理事業を通じた貢献(岸井 隆幸)
4章 スマートシティ──構想と技術移転の枠組み(野城 智也)
5章 社会基盤とインフラ輸出──支援からパートナーシップへ(加藤 浩徳)
6章 都市環境と廃棄物管理──経験と技術の国際展開へ(森口 祐一)
7章 水インフラ輸出──制度・組織・事業運営モデルの展開へ(滝沢 智)

■ II 部 都市輸出の実際と日本の役割
8章 都市輸出における官民連携とファイナンス(野田 由美子・石井 亮・田中 準也)
9章 都市開発における国際協力──JICAの経験から(森川 真樹)
10章 防災まちづくりにおける国際協力(安藤 尚一)
11章 環境都市を輸出する──北九州市(櫃本 礼二)
12章 都市マネジメントを輸出する──横浜市(信時 正人・橋本 徹)
13章 公共交通指向型開発(TOD)を輸出する(松村 茂久)
14章 都市づくりを担ってきた日本企業の海外進出の現状(瀬田 史彦)

原田 昇[ハラタ ノボル]
東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻教授

和泉 洋人[イズミ ヒロト]
内閣総理大臣補佐官、元東京大学大学院工学系研究科教授

城所 哲夫[キドコロ テツオ]
東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻准教授