タクティカル・アーバニズム―小さなアクションから都市を大きく変える

個数:

タクティカル・アーバニズム―小さなアクションから都市を大きく変える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月16日 21時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 256p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784761527693
  • NDC分類 518.8
  • Cコード C0052

内容説明

小さなアクションが、制度を変え、手法として普及し、社会に定着するアプローチを具体的に解説。アメリカと日本の多数の実践を紹介。

目次

01 タクティカル・アーバニズムとは
02 タクティカル・アーバニズムを読み解く視点
03 小さなアクションを始める
04 長期的変化をデザインする
05 まちのプレイヤーをつくる
06 タクティカル・アーバニズムのメソッド

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

センケイ (線形)

7
理屈パートをときどきはさみつつ図や事例中心で進んでいるところが馴染みやすく読みやすい。全体として計画立案やプレイヤー間の連携の話が多め。暫定プロジェクトの結果その後どうなったかといった展望、および総括の話は多くないので、その点は読み手側が拾う必要があるというか、少し物足りないかもしれない。どちらかというと事例を辞書的に探す際に活用しやすいかも。2022/08/09

paseri

2
タクティカル・アーバニズム。意図的に長期的な変化を触媒する、短期的で低コストかつ拡大可能なプロジェクトを用いたコミュニティ形成のアプローチ、と定義されます。まちづくりにおけるアプローチ方法の一つです。小さなアクションを重ね、少しずつゴールへと近づいていく。軌道修正が前提にあるので、とりあえずやってみるというハードルの低さを感じられそうです。本書においても様々な事例が紹介されています。まちづくりの理論について勉強したい方にオススメの一冊です。2021/06/27

takahiroyama3

2
従来型の長い時間を要する大掛かりな都市計画を批判し、新しい方法論として、大きな変革のための小さなアクションの取り組み方を教える一冊。原著者であるマイクとトニーのメッセージと、日本の研究者や実践者からの金言が詰め込まれています。この概念が日本で定着し、何かをやってみるハードルが下がっていくことを期待しています。一方で、それを単なるイベントに終始させないための、アクションの方法や評価の方法も具体的な事例を通じてしっかりと紹介します。都市計画のパラダイムシフトにつながる重要な一冊になり得るのではないでしょうか!2021/06/17

RYU

1
タクティカル・アーバニズムとは、意図的に長期的な変化を触媒する、短期的で低コストかつ拡大可能なプロジェクトを用いたコミュニティ形成のアプローチ。長期的変化とは、①空間整備(常設化)、②政策・制度化、③手法・フォーマル化、④主体形成、⑤エリアマネジメント、⑥ムーブメント。2023/07/26

そあ

1
ゲリラ的に、されど長期的視座も忘れずに、という姿勢は重要。土地所有者や周辺住民にとって滞留者は往々にして好ましく思われないので(ゴミ、騒音問題など)、各事例は局地解にしかなりえないかも。ただ、参加者がフリーライダーにならないよう入念に検討されている印象を受けた2022/08/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17982757
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。