アフターコロナの都市計画 - 変化に対応するための地域主導型改革

個数:

アフターコロナの都市計画 - 変化に対応するための地域主導型改革

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 06時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784761527662
  • NDC分類 518.8
  • Cコード C0052

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

れどれ

3
ここ一年の最新データから、これからの都市計画かくあるべきのビジョンを描く。首都圏よりは地方の話が多い。内容の大体は、まぁそりゃそうだよねと直感的に肯ける当然の成り行きを語っているけども、いちいち根拠を示しているから妥当性が高まり、自分の中であいまいだった像に背骨が通った。2021/04/18

suzannhw

0
これからの都市計画のあり方を提言した本。他読者も感想に挙げているように、コロナ以後に焦点が当たっているわけではないため題名からすると肩透かし感がある。しかし課題はゾーニング、スプロール問題、災害対策など簡潔にまとめられていて良い。また提案もフィージブルかどうかはさておき国が法律をどう変えるべきか、地方はどのように都市計画を考えていくのか具体的に練り込んで提言してあり興味深く読めた。2021/10/06

hide10

0
アフターコロナで根本的に変わると言うよりは、コロナを契機として既存の都市計画行政体制を効率化すべし、との提言と捉えました。権限をなるべく市区町村に寄せるという提案は、スキルワーカーの人員が足りているなら現実的だが、そうもいかないのが現状かと。「難しい」「複雑な」「面倒な」仕事が外注されているうちは、地域でスキル人材を育てるのは困難かと思われます。東京圏のコンサルが地方のお手伝いしてるうちは…

R

0
アフターコロナというところの解決策がメインと言うよりも、既存の高度経済成長をベースに作られた都市計画の制度の改善としてこれはどう?というような印象。アフターコロナという視点だとちょっと物足りないけども課題点はまとまっていて、コロナになって何が変化したかや、現在の都市計画の制度的な課題などはイメージが湧きました。2021/04/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17434653
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。