都市を変える水辺アクション - 実践ガイド

個数:

都市を変える水辺アクション - 実践ガイド

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 05時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 189p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784761526085
  • NDC分類 518.8
  • Cコード C0052

出版社内容情報

水辺テラス、街なかクルージング、水上散歩から、水辺を楽しむための作法やスキーム、そして戦略的な都市再生の展開まで。水辺で何か

都市の中で放置されていた水辺を楽しめる空間に変えていく動きが各地で起こっている。水辺テラス、街なかクルージング、アートフェスなど、実践者自らの経験を交えながら国内外の事例を紹介。規制緩和やマネジメントの仕組みを知り、水辺再生のアイデアを探る本。官民連携で戦略的な展開を実現した水都大阪の全貌も初収録。

◎chapter1 水辺へのアプローチ

◎chapter2 水辺を変えるアクション
【見つける】
 1 水上に出かける
 2 アートで掘り起こす
 3 川からまちを巡る
【伝える】
 4 ムーブメントをおこす
 5 物語を届ける
 6 シンボルをつくる
【設える】
 7 居場所にする
 8 光で演出する
 9 水際をデザインする
【育てる】
 10 プロセスを踏まえる
 11 ルールを共有する
 12 スキームを活用する
【広げる】
 13 境界をまたぐ
 14 マネジメントの仕組みをつくる
 15 水辺から計画する

◎chapter3 水都大阪の水辺ブランディング
0 STAGE 川を使いこなしていた都市から川に背を向ける都市へ
1 STAGE 水都大阪のスタート
2 STAGE 水都大阪2009で行政・企業・市民が一体に
3 STAGE 民間ディレクターチーム発足、市民参加推進
4 STAGE 新たな民間推進組織設立、イベントから日常へ

◎chapter 4 水辺が変わればまちが変わる

【著者紹介】
【泉 英明】(いずみ ひであき)有限会社ハートビートプラン代表取締役NPO 法人もうひとつの旅クラブ理事、(一社)水都大阪パートナーズ理事1971年生まれ。都市のまちなか再生やプレイスメイキング、工業地域の住工共生まちづくり、着地型観光事業「OSAKA旅めがね」、水辺空間のリノベーション「北浜テラス」、「水都大阪」事業推進などに関わる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

niz001

3
表紙買い、表紙買い。大事な事なんで2回言いました。中身は真面目な本よ。『水都大阪の全貌』は良いなぁ。2015/10/18

niz001

2
理由あって再読。自分の知る限り雑誌以外でラバーダックが表紙を飾る唯一の書籍。2022/02/23

momoi1523

0
水辺後進国・日本。世界の都市の水辺の使い方を学ぶことから始める教科書的な本著。まずは、水辺の価値に気付かせるところから日本は始める。2017/12/15

ryoma

0
あー、公民連携って、こういうことなんだな、っと!大阪、行きたい!2017/12/11

Wonoken

0
水辺に関する事例を海外と日本を織り交ぜながら説明していた。内容が重複するところもあって少し読みにくかった。2021/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9897279
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。