風景の思想

個数:

風景の思想

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月22日 15時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784761525330
  • NDC分類 629.1
  • Cコード C0052

内容説明

日本人は風景をどのように見てきたのか。これから風景とどのように関わりあっていけばよいのか。哲学から土木まで、多様な専門家が、風景との関わりをいかに主体的に回復していくかを論じた意欲作。

目次

第1部 日本人の風景の思想(風景の中世史―身近な風景と身体;広重に見る江戸の都市イメージ―武蔵野図の残像;風景のフォークロア―街角に残る巨木と都市の記憶)
第2部 場所の風景とその思想(郊外の風景―文明・文化の表象としての生活像;地方の中心商店街と中山間地域の風景―暮らしの風景とは何か、現状と今後;農と風景―風景としての百姓仕事の発見;都市計画における風景の思想―百景的都市計画試論)
第3部 風景づくりの実践とその思想(文化的景観と風景―生活・生業の風景の持続と継承;河川風景の思想―自然と人為が織り成す風景;身近な自然と風景―里地里山の再生による風景づくり;「生きた風景」へ―まちづくりと公共空間デザインの現代的意義;豊かな風景づくりへの哲学―まなざしの賑わい)

著者等紹介

西村幸夫[ニシムラユキオ]
1952年福岡市生まれ。東京大学都市工学科卒業、同大学院修了。工学博士。明治大学助手、東京大学助教授を経て、1996年より東京大学教授。2011年より東京大学副学長。この間、マサチューセッツ工科大学客員研究員。フランス社会科学高等研究院客員教授等を歴任

伊藤毅[イトウタケシ]
1952年京都市で生まれる。東京大学大学院工学系研究科建築学博士課程修了・工学博士。東京大学工学部建築学科助手、東京大学工学部建築学科助教授、2000年より東京大学大学院工学系研究科建築学専攻教授

中井祐[ナカイユウ]
1968年愛知県生まれ。東京大学工学部土木工学科卒業、同大学院大学院修士課程修了。アプル総合計画事務所、東京工業大学助手、東京大学助手、同講師・准教授を経て、2010年より東京大学教授。博士(工学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。