町家棟梁―大工の決まりごとを伝えたいんや

個数:

町家棟梁―大工の決まりごとを伝えたいんや

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761512880
  • NDC分類 521.86
  • Cコード C0052

目次

第1章 お出入りの大工が見守ってきた町家―町場大工として
第2章 大工の決まりごとを伝えたいんや―再生の技の極意
第3章 大工は隠し技をたくさんもっている―木を生かす
第4章 かぼちゃの花は咲いたか―私の修業時代
第5章 祗園祭と夜なべ―職人の四季と祭式
第6章 町家は固めたらあかん―町家と構造
第7章 目にものさしをもて―若者たちへ
付章 京町家の歴史と意匠―特別講義/矢ヶ崎善太郎

著者等紹介

荒木正亘[アラキマサノブ]
株式会社アラキ工務店取締役会長。昭和8年(1933)生まれ。京都建築専門学校卒業。昭和22年より京都市中京区の工務店で大工の修業を始める。昭和30年に父の経営する工務店(現アラキ工務店)に後継として入社。昭和48年法人化とともに代表取締役に就任。平成15年取締役会長。一級建築施工管理技士、一級技能士、二級建築士、宅地建物取引主任。京町家作事組副理事長。古材文化の会顧問。全京都建設協同組合顧問。武庫川女子大学非常勤講師

矢ヶ崎善太郎[ヤガサキゼンタロウ]
京都工芸繊維大学大学院准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件