21世紀テクノロジー社会の障害児教育

個数:

21世紀テクノロジー社会の障害児教育

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年05月26日 11時54分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 158p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784761404048
  • NDC分類 378
  • Cコード C3037

内容説明

本書では、テクノロジーを活用した教育のアイデアを現場での実践から、また国内外の知見から、できる限りわかりやすく紹介している。教室のすみでほこりをかぶったコンピュータやその他のテクノロジーが、子どもたちの生活をより快適なものにするために貢献できるようにと、渡部信一責任編集により送り出された1冊である。

目次

第1章 なぜテクノロジーを障害児教育に持ち込むのか?
第2章 障害児教育現場におけるテクノロジー利用のアイデア
第3章 障害児者のためのコミュニケーション支援技術(AAC)
第4章 テクノロジーと障害のある子どもの教育:最近の動向
第5章 肢体不自由養護学校におけるテクノロジー活用
第6章 インターネットを活用した障害児支援
第7章 テクノロジーを利用した障害児教育の海外事情

著者等紹介

渡部信一[ワタベシンイチ]
1957年仙台市生まれ。東北大学教育学部卒。同大学院教育学研究科前期課程修了。教育学博士。東北大学大学院教育学研究科助教授などを経て、現在、東北大学大学院教育情報学研究部教授。自閉症の子どもたちと長年に渡ってつきあう中で、人間が本来持っているアナログな「知」に魅せられ続けてきた。現在は、あえて最先端のデジタル・テクノロジー、特にロボットに着目することによって、人間のアナログな側面にアプローチしている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。