マンガ ぼけ日和

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

マンガ ぼけ日和

  • 提携先に18冊在庫がございます。(2024年02月25日 08時05分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 132p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784761276515
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0079

出版社内容情報

『大家さんと僕』『ぼくのお父さん』など話題作を生み出してきた著者が、認知症患者とその家族の日常を描いた!
認知症の症状の進行具合を四季(春・夏・秋・冬)に分けて、それぞれの時期に認知症患者さんにどんな変化が起こり、介護者さんはどう対応したら良いのかがわかる構成。笑って、泣けて、不安がやわらぐ本です。

*
はじめて、全編描き下ろしでマンガの単行本を描きました。

認知症の専門医である長谷川嘉哉先生のご著書『ボケ日和』の装画を描いたご縁から原案とさせてもらいマンガ化しました。

長谷川先生の本はあたたかくユーモアを交えて、「老い」を、「老化」を、その一環である「認知症」を、そして誰にでも訪れる「死」をあたりまえのことだと教えてくれて、安心を与えてくれます。この本の装画を引き受けることを勧めてくれたのは僕の母でした。

母は長年、介護の仕事に従事していました。でも子供の頃から、僕は母の仕事について詳しく聞いたり、学んだりすることはありませんでした。どこか目を背けてしまっていたのだろうと思います。今、母は高齢になり介護される側、僕は介護する側の年齢になろうとしています。

この漫画を描くことで僕自身が、介護や認知症についてもっと考えたい、学びたい、知りたい。それがこの本を描いた一番の動機だったのかもしれません。

このマンガを読んだ皆さんの未来への不安が、あたたかな日差しのような安心に変われば。そんな一冊になっていたら幸いです。

- 矢部太郎

内容説明

四季(春・夏・秋・冬)に分けて症状の進行を書いた認知症専門医・長谷川嘉哉の『ボケ日和』を矢部太郎があたたかなまなざしで漫画化!笑って、泣けて、心が軽くなる一冊です。

目次

春(おばあさんの春;お父さんの春 ほか)
夏(ゆっくり…;ほどほどで… ほか)
秋(幻覚の秋;お金盗ったでしょう? ほか)
冬(冬のはじまり;胸のうち ほか)

著者等紹介

矢部太郎[ヤベタロウ]
1977年生まれ。芸人・マンガ家。1997年に「カラテカ」を結成。芸人としてだけでなく、舞台やドラマ、映画で俳優としても活躍している。初めて描いた漫画『大家さんと僕』(新潮社)で第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞

長谷川嘉哉[ハセガワヨシヤ]
1966年、名古屋市生まれ。名古屋市立大学医学部卒業。認知症専門医。現在、医療法人ブレイングループ理事長として、在宅生活を医療・介護・福祉のあらゆる分野で支えるサービスを展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

151
本仮屋ユイカさんが購入された動画を見てつられて購入しました。この本を読めて良かったです。認知症は前段階があって、その時期に薬で進行を抑えることが出来るなんて知りませんでした。親がだんだん高齢になってくるし、介護の生活も他人事ではない。この本を読んだことでいざその生活が来た時に少しでも平常心でいられるかなぁと思います。2023/12/20

chimako

93
人が生きて死ぬのはなかなかに大変。誰かを泥棒呼ばわりしたり、いないはずのものが見えたり、感情のコントロールが出来なくて周りを困らせたり、家に帰れなくなったり、家族の顔さえわからなくなる。そんな風にはなりたくないけれどこればっかりはどうしようもない。義妹が亡くなって父と母を施設に迎えに行った時、父にはどうしても私が娘には見えなかったらしく「どなたさんですか?」と聞かれてしまった。多分父にとって私はこんなおばあさんではないのでしょう。「もう年金もらえる年になったよ」と笑い話で返しましたが。夫にも読んで欲しい。2023/03/25

みかん🍊

86
認知症患者と家族の話を矢部さんのほんわかした温かいイラストで綴られている、最初はちょっとおかしいからだんだん進行して家族を泥棒扱いしたり徘徊したり家族にとっては辛い症状や介護だが、本人にも理由があり辛い思いもある、先生の言葉で介護する家族も救われる、親が徐々にぼけて家族も認められなくて怒ったり、正したりするが、話を聞いて肯定してあげる分かってあげる事が安心させる、人間は誰でも死ぬし認知症になる可能性もある、頑張り過ぎないで周りに頼りながら見守って行く事がお互いの為になる。2024/02/06

ネギっ子gen

81
【あんな大事なこと! なんで誰も教えてくれんのですか?】「ぼけ日和」のイラストを担当した『大家さんと僕』の著者が、漫画化。認知症患者と家族の日常を温かな眼差しで描く。義母を介護していた60代女性は、原案者の「モノ盗られ妄想は、お世話を一番している方、つまり、もっとも頼りにしている方に対して出る」という講演の話に、「私…ずっとお義母さんに…憎まれとると思っとったんですよ。なんで…一番お世話してる私が憎まれるんか思ったら…心がスッと冷えてしまってね/知っとれば…もうちょっと、優しくできたかもしれんね」と……。2023/12/20

Kazuo Tojo

80
MCIを初めて知る、認知症の手前のグレーゾーン。65歳になると7人に1人はなるみたいで、来年、自分は、65歳でヤバいじゃん。という具合にほのぼのもあるがリアルも描かれていてなるほどなと思う。高齢者の交通事故や老害などますます、これから多くなって社会問題となっていく。少子化対策も必要だけどこちらの方もなんとか対策してほしいね。2023/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20561475
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。