ボケ日和―わが家に認知症がやって来た!どうする?どうなる?

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

ボケ日和―わが家に認知症がやって来た!どうする?どうなる?

  • ウェブストアに366冊在庫がございます。(2022年05月19日 09時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 240p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784761275440
  • NDC分類 493.75
  • Cコード C0095

出版社内容情報

梅沢富美男夫妻推薦!
この本に書いてあることを覚えておけば一生安心だね。

イラストは、『大家さんと僕』の矢部太郎氏

認知症の進行具合を、春・夏・秋・冬の4段階に分けて、そのとき何が起こるのか?どうすれば良いのか?を多数の患者さんのエピソードを交えて描いた、心温まるエッセイ。

人生100年時代、誰もが避けられない道
知っていれば、だいたいのことは何とかなるもんです。
認知症専門医が教える、ボケ方上手と介護上手

内容説明

認知症の進行具合を、春・夏・秋・冬の4段階に分けて、そのとき何が起こるのか?どうすれば良いのか?を多数の患者さんのエピソードを交えて描いた心温まるエッセイ。

目次

第1章 ちょっと変な春“認知症予備軍”(はじまりは「ちょっと変」;待つことが難しくなってくる ほか)
第2章 かなり不安な夏“初期・軽度”(進行はゆっくりです;薬の管理ができなくなる ほか)
第3章 困惑の秋“中期・中等度”(もっともつらい時期は、2年で終わります;幻覚への対処は「聞いてみる」 ほか)
第4章 決断の冬“末期・重度”(物事への関心が薄れ、生活のすべてに介助が必要になる;いつまで家で生活できる? ほか)

著者等紹介

長谷川嘉哉[ハセガワヨシヤ]
1966年、名古屋市生まれ。名古屋市立大学医学部卒業。認知症専門医、医学博士、日本神経学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本老年病学会専門医。祖父が認知症になった経験から医師の道を志し、夢を実現。病気だけでなく生活、家族も診るライフドクターとして活動し、医療、介護、社会保障サービスから民間保険の有効利用にまで及ぶ。在宅医療では開業以来、50,000件以上の訪問診療、500人以上の在宅看取りを実践している。現在、医療法人ブレイングループ理事長として、在宅生活を医療・介護・福祉のあらゆる分野で支えるサービスを展開している。著書に、ベストセラーとなった『親ゆびを刺激すると脳がたちまち若返りだす!』(サンマーク出版)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

フリージア

44
祖父が認知症になった経験から認知症専門医になったという著者。沢山の認知症患者さんを診察し、沢山の看取りもしているとの事で、読んでいてとてもためになりました。目次は、はじまりは「ちょっと変」、冷蔵庫は認知症診断機、お風呂に入らなくても寝なくてもいいんです、人間は必ず食事が摂れなくなる、等々。いつかはくる最晩年の予備知識にもなりました。2021/08/17

がらくたどん

36
周囲の介護キーパーソン同志諸氏のお勧め。高齢者の認知症で散見する特徴的な行動を四季の変化に例えて解説した本。変に不安や同情心を煽ることなく要点を平易に解説している良書と思う。まだキーパーソンには遠い世代には予習として、自分以外の兄弟姉妹がキーパーソンである方には「援軍」の心得として、自分がキーパーソンになっている者には道を見渡す指標として役立つ。自分の場合は老母の認知機能の緩やかな閉店作業を日々見守っているのが実感。親しい「同志」がいれば「うちそろそろ秋の気配でさ~」とか愚痴って楽しめる。2021/12/02

のぶりん

31
長谷川医師のきっぱりとした物言いが良い。いつまで続くかどうなるかと不安で疲労困憊している介護当事者にとっては光が差し込む内容だ。認知症の進行具合を四季に振り分け状態を説明されてるのも良い。介護に疲れがちな私には見通しが持てたのと終末期の対応が分かり良かった。2021/07/01

マッピー

28
認知症専門のお医者さんが認知症についてわかりやすく書いた本。今まで知らなかったこと、知らないということすら知らなかったことが書いてあって、大変勉強になりました。介護者が一人で大変を抱え込むと、被介護者だって幸せではない。介護者だって笑って暮らせるように、助けてもらえるところは助けてもらいながら、認知症と付き合っていかねばならない。そのために介護保険制度ができたのだから、ということなのだと思います。カバーの折返しにはこう書いてあります。”事前に知っていれば、だいたいのことは何とかなるもんです。”2021/06/06

kayo

25
認知症の進行度を「春夏秋冬」と4つに分け丁寧に具体的な診察例をもって解説され、認知症を患う本人よりは介護者へ優しく寄り添った内容となっています。既に介護をしているご家族や、近づく介護を想像している方の戸惑いや不安を軽減し、介護者として覚えておくと良い知識を与えてくれます。この本で言えば義父は「夏」あたりにいるのかな。先日は我が家のチューリップを手折っていったようですが…(自分の家にも咲いてるでしょうが〜もう!)。お義母さんに捧げていたのかな。それならしょうがないな、許してあげましょか。2022/04/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17787295

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。