風が吹けば

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163293608
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

「インディゴの夜」でブレイク中の加藤実秋さんが描く、ちょっと変わった青春小説。今どきの高校生と熱き80年代ヤンキーとの魂の交流。

内容説明

「身の丈サイズでゆるーくやっていきたいと思う反面、ダサいもの、価値観に一ミリでも合わないものは受け入れたくない」。矢部健太高校二年生、夏休み直前。そんな彼が…。84年にタイムスリップ「つっぱり」メンバー達とのひと夏のふれあい。

著者等紹介

加藤実秋[カトウミアキ]
1966年東京都生まれ。2003年「インディゴの夜」で第10回創元推理短編賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぽぽ♪

31
時代設定がイマイチ共感できなくて、?って感じな所が多かったですが、熱い時代だったんですね。あれだけ奮闘したのに、割とあっさり終わっちゃったって感じがしました。久保田が良いキャラしててお気に入りでした。2016/02/09

あー

14
面白かった~。聖子ちゃんカットとか、懐かしい!2015/10/13

たこやき

14
タイムスリップものとしては、もの凄くベタな展開。けれども、テンポの良さと、80年代前半の雰囲気が巧く出ていて、楽しく読むことが出来た。ラストシーン、主人公が元の時代に戻ってのやりとりも、ベタだけど綺麗にまとまっている。そういう意味で、楽しんで読むことが出来た。ただ、主人公を「今時の」高校生として描き、流行などを細かく書いているので、5年、10年と経つと、「古くさい」と感じる気がする。賞味期限が短いので、お早めに、という印象の一冊。2011/04/22

ga-ko

10
久保田君たちの世代の描写があまりに的確で、もしかして?と思ったら作者は同年代。いや、今の感覚でいったら確かにありえないけど、当時は田舎の高校生ほど、あの格好にあこがれたんだよ!と言いたい。最後の携帯充電しておいてくれたとこ、不覚にも感動してしまった。2014/09/26

calaf

10
大風吹けば桶屋が儲かるらしいのだけど、風が吹けばひと夏の間四半世紀ほどタイムスリップが出来るらしい... (笑)2011/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/616122
  • ご注意事項