一瞬で大切なことを伝える技術

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

一瞬で大切なことを伝える技術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月19日 06時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761267933
  • NDC分類 141.5
  • Cコード C0034

内容説明

言いたいコトは「重要思考」を使えば、超シンプルに伝わる。一瞬で大切なことが伝わる会話・議論になる4ステップ。

目次

Prologue ロジカルに伝える最強の技術、『重要思考』(大切なコトはなぜ伝わらない?;大切なコトが互いに伝わる会話・議論への4ステップ)
1 言いたいコトをはっきりさせる(ロジカルの超基本は「塊」と「つながり」;『重要思考』で考える;『重要思考』のミニ演習 3題;ツイッターはなぜ大震災時にユーザー数を伸ばしたのか;NG態度「座って悩む」)
2 言いたいコトを相手に伝える(考えたまましゃべると伝わらない;『重要思考』で伝える;相手にちゃんと伝えるコツ;NGワード「~が1つある」)
3 相手の言いたいコトを理解する(バカの壁をどう超える;『重要思考』で聴く;ちゃんと聴くためのコツ;NG姿勢「誤導としゃべりたい病」)
4 相手とちゃんと会話・議論する(すれ違いの空中戦にならないために;『重要思考』で会話・議論する;ちゃんと会話・議論し伝えるコツ)
上級編 『重要思考』でほめる・つなぐ・ファシる・決める(ほめる力―接客・営業に必須です;顧客視点でつなぐ力―マーケティングではダイジです;ファシリテーションカ―日本人の新しい強みに;多人数の場の支配力―講演や発表会で;緊急判断力―3・11から学ぶこと)

著者等紹介

三谷宏治[ミタニコウジ]
1964年大阪生まれ、福井育ち。小学校入学直後40日間の入院中に100冊の本を読破。読みかじりを人に教える快感に目覚める。大学浪人時に通った駿台予備校では、教えることの技術に衝撃を受ける。東京大学理学部物理学科卒業後、外資系コンサルティング会社に就職。以来19年半、ボストンコンサルティンググループ、アクセンチュアで戦略コンサルタントとして働く。2003年から06年までアクセンチュア戦略グループ統括(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sas

27
この本のターゲットは「ロジカルシンキングに挫折気味の人達」。シンブルに「重要思考」に基づく伝え方を実践すればよいと提案している。「重要思考」は重みと差。ロジカルの基本は「塊」と「つながり」をはっきりさせること。「相手にとって大事なところできちんと差ががあるかどうか考える。その前提として各々の主張(塊)が曖昧でないか気を付ける」こと。これだけで日常やビジネスでロジカルになれるという。さすが、伝える技術について書かれているだけあり、マンガも取り入れていて読みやすく、非常に分かり易く教えてくれる。良書。2014/10/25

太田青磁

24
伝える技術が本当にわかりやすく書かれており、新入社員全員に読ませたい気分です。自分自身もどれだけいい加減に話してたかを思い知らされますね。・ロジカルの超基本は塊とつながり・大事かどうかは「重み」で示す・止まっている思考を動かすのに一番なのは、ヒトと話すこと・「重要思考」で話すとは「差」と「重み」を伝えること・一度に伝えることは一つに絞る・論理と感情を分ける、事実と推測を分ける・正しく問い、正しく答えよ・勝手に話さない、ダイジなコトからズラさない・議論に入る前に、決め方を決める・議論で相手に決めさせる2012/06/06

せ〜ちゃん

20
★★★★★ 再読。 数年前に著者の講演会に出席し、強く感銘を受け、そのまま著書を買い漁った♪ その内の1冊。 この手の本は、かなり多く読んでいてもなかなか全部が全部良いとは言い切れない物が多いのだが、この本は本当に買って正解だったと思う。 ロジカルシンキングに拘りすぎて、その根底になくてはならない何が「重要」かが欠けている昨今。 本当にシンプルにその伝える技術を身につける術を導いてくれている。 文字もぎっしりではないので大変読みやすい。 これを理解できそうな子どもの年代には読ませてやりたい本です。2015/05/22

しゅわ

16
【図書館】ロジカルシンキングをわかりやすく解説した一冊。「伝える技術」を説いているだけあって、イラストなどを交えてシンプルにわかりやすく説明してくれてます。一貫して「重要思考」の大切さを主張、「塊」と「つながり」、「重み」と「差」をもとに「一番大切なこと」を主軸に考え、伝える方法を教えてくれます。議論の空中戦とか、いろいろ思い当たるふしも多く、私自身も少しでも改善できればいいなぁ…と思いました。2013/06/07

TomohikoYoshida

11
ロジカルシンキングは難しすぎるために作られた、シンプルな思考法「重要思考」の指南書。文章もシンプル、実例もシンプルなので、2-3時間で読み終えた。仕事の場で実践すれば、意外と早く身に着けられそう。ダイジなことで差があるか、その重みはどのくらいか?を明確にして、端的に語る。そして、相手の意見を傾聴し、議論の末に結論に向かう。という流れだ。ただ、この本に限らず実行・実現が難しいのは、会議のファシリテーションだろう。色々な組織で「邪魔者」になるえらいさんがいて苦労していると思う。こればかりは永遠のテーマかも。2021/09/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4326784

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。