ロールレタリング―手紙を書く心理療法の理論と実践

個数:

ロールレタリング―手紙を書く心理療法の理論と実践

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月31日 14時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 190p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784760838172
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

出版社内容情報

心理面接の現場でロールレタリングを生かすために、臨床の実践から基本理論と面接技法などを体系的にまとめた基本書。◆読者対象カウンセラー、臨床心理士、研究者など。
◆本書のポイント・豊富な事例で、ロールレタリングとは何かがよくわかる。・具体的な活用方法がわかりやすく書かれているので、すぐにでも面接に活かしたくなる。心理面接の現場でロールレタリングを活かすために、臨床の実践から基礎理論と面接技法、さらには実践事例まで体系的にまとめた、経験豊富な著者による基本書。

はじめに
第1部 ロールレタリングとは何か
 第1章 心理面接におけるロールレタリングの実際
第1節 今、なぜロールレタリングなのか
第2節 ロールレタリングの理論
第3節 ロールレタリングの効果
第4節 ロールレタリングの実施方法
第5節 ロールレタリングの面接方法
第2部 ロールレタリングの臨床事例
 第2章 事例1:摂食障害の回復過程
 第3章 事例2:父親に対する葛藤が解消する過程
 第4章 事例3:母親に対する葛藤が解消する過程
第5章 事例4:「解離的」症状――「3人の私」の統合過程
第6章 事例5:アパシー青年の自己意識の変化
 第7章 事例6:対人不安が解消し自己肯定感が向上した心理面接
 第8章 事例7:自己分析の方法としての活用
第9章 事例8:ロールレタリングに抵抗感をもった摂食障害者の心理面接
第3部 事例のふり返りとロールレタリングの効果的活用
 第10章 ロールレタリングの効果的な活用
第1節 事例のふり返り
第2節 集団指導と矯正教育におけるロールレタリングの活用
おわりに
参考文献
著者紹介

岡本 茂樹[オカモトシゲキ]
著・文・その他

内容説明

心理面接の現場でロールレタリングを活かすために、臨床の実践から基礎理論と面接技法、さらには実践事例まで体系的にまとめた、経験豊富な著者による基本書。

目次

第1部 ロールレタリングとは何か(心理面接におけるロールレタリングの実際)
第2部 ロールレタリングの臨床事例(事例1:摂食障害の回復過程;事例2:父親に対する葛藤が解消する過程;事例3:母親に対する葛藤が解消する過程 ほか)
第3部 事例のふり返りとロールレタリングの効果的活用(ロールレタリングの効果的な活用)

著者等紹介

岡本茂樹[オカモトシゲキ]
1958年兵庫県生まれ。武庫川女子大学大学院臨床教育学研究科博士課程修了(臨床教育学博士)。高等学校教員を経て、兵庫県や大阪府の教育委員会が設置した教育センターにおいて、不登校、非行や神経症などの臨床経験を積む。現在、立命館大学産業社会学部教授。大阪刑務所のスーパーバイザーと熊本刑務所の篤志面接委員として、受刑者の更生支援に携わっている。日本ロールレタリング学会理事長、日本ゲシュタルト療法学会理事、学術顧問を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。