決定版!授業のユニバーサルデザインと合理的配慮―子どもたちが安心して学べる授業づくり・学級づくりのワザ

個数:

決定版!授業のユニバーサルデザインと合理的配慮―子どもたちが安心して学べる授業づくり・学級づくりのワザ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月22日 11時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784760828395
  • NDC分類 378
  • Cコード C3037

出版社内容情報

「より多くの子どもたちにとって、わかりやすい、学びやすい教育のデザイン」を目指して、29名の知と実践がここに結集!「より多くの子どもたちにとって、わかりやすい、学びやすい教育のデザイン」を目指して、29名の知と実践がここに集結!

好評の『児童心理』2016年1月号別冊を書籍化。

まえがき

1 総論
通常学級でユニバーサルデザインを進めるために――研究校から学ぶ/阿部利彦

2 合理的配慮のために必要な基本知識
通常学級にいる発達障害の子どもたち/田中康雄
「インクルーシブ教育」で学校はどう変わるか/樋口一宗
インクルーシブ教育システムと合理的配慮――通常学級での合理的配慮に焦点を当てて/廣瀬由美子

3 クラス全体を対象にしたユニバーサルデザイン
授業のユニバーサルデザインとアクティブ・ラーニング/久本卓人
教科別・ユニバーサルデザインの視点を活かした授業づくり
国語科 国語授業のユニバーサルデザイン――三年「すがたをかえる大豆」の授業における指導の工夫/桂 聖
算数科 算数授業のユニバーサルデザイン――六年「速さ」の授業における指導の工夫/伊藤幹哲
社会科 社会科授業のユニバーサルデザイン/村田辰明
理 科 「観察・実験」の授業で活かすユニバーサルデザイン/綾部敏信
音楽科 ユニバーサルデザインの視点から見えてくる教師の役割と音楽科の目的/平野次郎
体育科 全員参加の体育の授業づくり/清水 由
図画工作科・美術科 図画工作・美術授業のUD化を図る――「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けて/吉見和洋
ユニバーサルデザインの支援を生かした教室環境づくり/田中博司
どの子も学びやすい授業作りのために/小貫 悟

4 クラスの「気になる子どもたち」を対象にしたユニバーサルデザイン
個に特化した支援の検証と学級経営・授業研究の充実/川上康則
通常学級の中で行う学習支援員と連携したナチュラルサポートについて/藤堂栄子
授業に集中できない子への支援/上條大志
こだわりが激しい子への支援/森亜矢子

5 授業参加・集団参加のための個別支援
個別の支援が必要なとき/霜田浩信
認知神経学的側面から見た合理的配慮について――知的情報処理の個人差に対応する授業/坂本條樹
ビジョントレーニングを用いた「見ること」への支援/増本利信
教材教具を活かした支援/上原淑枝

6 学校全体からみるユニバーサルデザイン
学校現場での合理的配慮と支援体制づくり――今、学校の役割は……/山中?子
外部専門家による訪問型の学校・教員支援(巡回相談)とユニバーサルデザイン/大石幸二

7 教育のユニバーサルデザインと生徒指導
特別支援教育の視点からみる生徒指導とは/松久眞実
三つの仕掛けで笑顔溢れるクラスを創る/片岡寛仁
中学校における教育のユニバーサルデザインと積極的生徒指導/倉本憲一

8 保護者の視点を学ぶ
学校での合理的配慮と家庭での自立の助け/堀内祐子
保護者が欲しいもうひとつの配慮/小林みやび

あとがき

阿部利彦[アベトシヒコ]
著・文・その他/編集

内容説明

主要教科を網羅した授業UDの実際。総勢29名の知と実践がここに集結!

目次

1 総論 通常学級でユニバーサルデザインを進めるために―研究校から学ぶ
2 合理的配慮のために必要な基本知識
3 クラス全体を対象にしたユニバーサルデザイン
4 クラスの「気になる子どもたち」を対象にしたユニバーサルデザイン
5 授業参加・集団参加のための個別支援
6 学校全体からみるユニバーサルデザイン
7 教育のユニバーサルデザインと生徒指導
8 保護者の視点を学ぶ

著者等紹介

阿部利彦[アベトシヒコ]
1968年生まれ。早稲田大学人間科学部卒業、東京国際大学大学院社会学研究科修了。専門は教育相談、学校コンサルテーション。東京障害者職業センター生活支援パートナー(現・ジョブコーチ)、東京都足立区教育研究所教育相談員、埼玉県所沢市教育委員会健やか輝き支援室支援委員などを経て、星槎大学大学院教育実践研究科准教授。星槎大学附属発達支援臨床センター長。日本授業UD学会理事。日本授業UD学会湘南支部顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。