ソーシャル・マジョリティ研究―コミュニケーション学の共同創造(コ・プロダクション)

個数:
電子版価格 ¥3,300
  • 電書あり

ソーシャル・マジョリティ研究―コミュニケーション学の共同創造(コ・プロダクション)

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 297p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784760826681
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C3011

出版社内容情報

発達障害者の側から多数派社会のルールやコミュニケーションを研究する「ソーシャル・マジョリティ研究」をまとめた初のテキスト。発達障害者の側から多数派社会のルールやコミュニケーションを研究する「ソーシャル・マジョリティ研究」をまとめた初のテキスト。

序 章 ソーシャル・マジョリティ研究とは  ・・・綾屋 紗月
第1章 人の気持ちはどこからくるの?  ・・・澤田 唯人
第2章 発声と発話のしくみってどうなっているの?  ・・・藤野 博
第3章 人の会話を聞きとるしくみってどうなっているの?  ・・・古川 茂人
第4章 多数派の会話にはルールがあるの?  ・・・坊農 真弓
第5章 場面にふさわしいやりとりのルールってどんなもの?  ・・・浦野 茂
第6章 ちょうどいい会話のルールってどんなもの?  ・・・浅田 晃佑
第7章 いじめのしくみってどうなっているの?  ・・・荻上 チキ
終 章 ソーシャル・マジョリティ研究の今後の展望  ・・・熊谷晋一郎

綾屋紗月[アヤヤサツキ]
著・文・その他/編集

澤田唯人[サワダタダト]
著・文・その他

藤野博[フジノヒロシ]
著・文・その他

古川茂人[フルカワシゲト]
著・文・その他

坊農真弓[ボウノウマユミ]
著・文・その他

浦野茂[ウラノシゲル]
著・文・その他

浅田晃佑[アサダコウスケ]
著・文・その他

荻上チキ[オギウエチキ]
著・文・その他

熊谷晋一郎[クマガヤシンイチロウ]
著・文・その他

内容説明

発達障害者の側からソーシャル・マジョリティ(社会的多数派)のルールやコミュニケーションを研究してみました。

目次

序章 ソーシャル・マジョリティ研究とは
第1章 人の気持ちはどこからくるの?
第2章 発声と発話のしくみってどうなっているの?
第3章 人の会話を聞きとるしくみってどうなっているの?
第4章 多数派の会話にはルールがあるの?
第5章 場面にふさわしいやりとりのルールってどんなもの?
第6章 ちょうどいい会話のルールってどんなもの?
第7章 いじめのしくみってどうなっているの?
終章 ソーシャル・マジョリティ研究の今後の展望

著者等紹介

綾屋紗月[アヤヤサツキ]
東京大学先端科学技術研究センター特任研究員。自閉スペクトラム当事者。発達障害者が参加・運営する当事者研究会「おとえもじて」主催。東京大学先端科学技術研究センター特任研究員、東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

がりがり君

6
ソーシャルマジョリティと言っても定型発達をかっこよく言い換えたに過ぎない。マイノリティはマイノリティ同士でわかりあえるのだという。だとするとマイノリティの何が問題になるのでせうか。2020/02/03

aof

4
大好きでずっと通っていた研究会が本になってることを知って、本当に嬉しい。 しかも、研究会のときよりわかりやすくなってるのがすごい。 人間の機能はめっちゃ高性能で、微細な調整を常にし続けていることがよくわかる。人間すごい。その調整がうまくいかないのがマイノリティなのだとしたら、その人と個別に調整をしていけばいいだけじゃんと吹っ切れるような気持ちになれる。 あとチキさんの「マクロに問題があるのに、ミクロ単位で矯正してもどうにもならない」という話はいじめに限らず、社会問題の本質だと思った。2019/05/30

うさぎさん

4
ソーシャルマジョリティ研究という新しい学問分野により、生涯発達学等におけるコミュニケーション研究について、「障害」に着目するのではなく、「マジョリティ」(所謂「普通の人」)によって形成されたコミュニケーションルールを確認し、それについてコミュニケーション障害の人とされている「マイノリティ」がどう違和感を持っているのかを明らかにし、原因究明や解決策の提示をしている。 特に私が有意義と感じるのは、マイノリティ側の抱えている分からなさへの論理的解釈により、自己理解ができることかと思った。大変興味深い一冊だった。2019/01/10

ぷほは

3
暫定今年ベスト。まず「当事者研究」はそれ単体ではプロジェクトとしては完遂されず、問題の当事者を社会的マイノリティの当事者たらしめたマジョリティ側の理論的解明とセットで初めて意味を成すというアプローチが素晴らしい。後半ではエスノメソドロジーが参照されるが、この分野に特有の難解さがあまりなく、図示と事例によって驚くほど飲み込みやすい議論展開になっている。また平田オリザのロボット演劇に関する議論は、77年だか8年だかに栗原彬がゴフマンのドラマツルギー論を使って寺山修司の「観客席」を分析していたのを思い出した。2021/11/06

へそ

3
社会的に普通とみなされるコミュニケーションの方法やルールについて学術的知見をまとめた本。コミュニケーション障害を個人の特性のみに押し付けるのではなく、個人の責任と社会の責任の相互作用と捉え、各々の責任範囲を公平に切り分けるという記述が強く印象に残りました。また、「普通であること」(状況によって異なるルールがある模様?)を行うことで普通たりえるという提唱には強く納得しました。2014年に開催された研究会が土台となっているとのことなので、またアップデートされた知見を踏まえた研究会を開いて欲しいです。2019/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12977422

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。