ソーシャル・マジョリティ研究―コミュニケーション学の共同創造(コ・プロダクション)

個数:
電子版価格 ¥3,300
  • 電書あり

ソーシャル・マジョリティ研究―コミュニケーション学の共同創造(コ・プロダクション)

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年01月20日 22時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 297p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784760826681
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C3011

内容説明

発達障害者の側からソーシャル・マジョリティ(社会的多数派)のルールやコミュニケーションを研究してみました。

目次

序章 ソーシャル・マジョリティ研究とは
第1章 人の気持ちはどこからくるの?
第2章 発声と発話のしくみってどうなっているの?
第3章 人の会話を聞きとるしくみってどうなっているの?
第4章 多数派の会話にはルールがあるの?
第5章 場面にふさわしいやりとりのルールってどんなもの?
第6章 ちょうどいい会話のルールってどんなもの?
第7章 いじめのしくみってどうなっているの?
終章 ソーシャル・マジョリティ研究の今後の展望

著者等紹介

綾屋紗月[アヤヤサツキ]
東京大学先端科学技術研究センター特任研究員。自閉スペクトラム当事者。発達障害者が参加・運営する当事者研究会「おとえもじて」主催。東京大学先端科学技術研究センター特任研究員、東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

発達障害者の側から多数派社会のルールやコミュニケーションを研究する「ソーシャル・マジョリティ研究」をまとめた初のテキスト。発達障害者の側から多数派社会のルールやコミュニケーションを研究する「ソーシャル・マジョリティ研究」をまとめた初のテキスト。

序 章 ソーシャル・マジョリティ研究とは  ・・・綾屋 紗月
第1章 人の気持ちはどこからくるの?  ・・・澤田 唯人
第2章 発声と発話のしくみってどうなっているの?  ・・・藤野 博
第3章 人の会話を聞きとるしくみってどうなっているの?  ・・・古川 茂人
第4章 多数派の会話にはルールがあるの?  ・・・坊農 真弓
第5章 場面にふさわしいやりとりのルールってどんなもの?  ・・・浦野 茂
第6章 ちょうどいい会話のルールってどんなもの?  ・・・浅田 晃佑
第7章 いじめのしくみってどうなっているの?  ・・・荻上 チキ
終 章 ソーシャル・マジョリティ研究の今後の展望  ・・・熊谷晋一郎

綾屋紗月[アヤヤサツキ]
著・文・その他/編集

澤田唯人[サワダタダト]
著・文・その他

藤野博[フジノヒロシ]
著・文・その他

古川茂人[フルカワシゲト]
著・文・その他

坊農真弓[ボウノウマユミ]
著・文・その他

浦野茂[ウラノシゲル]
著・文・その他

浅田晃佑[アサダコウスケ]
著・文・その他

荻上チキ[オギウエチキ]
著・文・その他

熊谷晋一郎[クマガヤシンイチロウ]
著・文・その他