家康伝説の嘘

個数:

家康伝説の嘘

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月30日 12時21分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 307p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784760146451
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1021

内容説明

家康の死後、誰かが創った家康の歴史。俗説を排除し、通説を見直し、生身の家康に迫る!

目次

第1部 権力確立期の家康(「徳川四天王」の実像;松平信康事件は、なぜ起きたのか?;家康の領国支配は、どのように行なわれたか?;本能寺の変前後における家康の動きとは?)
第2部 豊臣政権下の家康(小牧・長久手の戦いで家康は負けたのか?;なぜ家康は江戸に入ったのか?;豊臣五大老としての家康;最初から家康は石田三成と仲が悪かったのか?)
第3部 関ヶ原の戦い・大坂の陣における家康(小山評定は本当にあったのか?;「直江状」は本物なのか?;家康と秀頼との関係―「二重公儀体制」を巡って;方広寺鐘銘事件の真相とは?)
第4部 家康の戦略(家康は戦さ巧者だったのか?;家康はどのように大名統制を進めたか?;家康と天皇・公家衆;徳川氏は清和源氏の流れを汲むのか?)

著者等紹介

渡邊大門[ワタナベダイモン]
1967年、神奈川県横浜市生まれ。1990年、関西学院大学文学部史学科日本史学専攻卒業。2008年、佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、(株)歴史と文化の研究所代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

roatsu

13
零細な創業期から徐々に力をつけて乱世を勝ち抜き、最後は元和偃武の偉業により太平の世を開くまで、今日公然たる史実や物語として罷り通っている家康公の生涯各局面や徳川家中についてもまだ淡々と検証や分析が続いているのだなと驚き、そこに歴史の面白さと難しさを見る。幕府を開いて後の対朝廷政策や武家・公家諸法度制定等のくだりが興味深い。やはり冷徹で周到な現実主義者という印象を強くする。小牧・長久手が局地戦ではなく天下分け目の性質をもった長期戦役だったことを始め支配的通説とは異なる新規の考証が多数でなかなか良かった。2016/11/02

かー

1
タイトルから気軽な読み物を連想していたけれど、いざ蓋を開けると研究者が史料で殴り合ってる様を解説している本だった。最近の研究についての概要をまとめてる感じで読みやすいけど、家康についてある程度知らないと厳しい。内容的に戦国・安土桃山時代スキーか家康ファン以外にはおすすめできない。2016/06/11

失速男

0
嘘ってほどでもない。2016/04/04

onepei

0
さまざまなテーマがよく整理されていてよい。2015/12/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10020721
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。