ナチス・ドイツの有機農業―「自然との共生」が生んだ「民族の絶滅」 (新装版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

ナチス・ドイツの有機農業―「自然との共生」が生んだ「民族の絶滅」 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月30日 14時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 306p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784760141524
  • NDC分類 615
  • Cコード C1022

内容説明

“人間中心主義”から“生物圏平等主義”への転換を目指した生命共産国家は、なぜホロコーストに行き着いたのか?ナチス農本主義とシュタイナー農法の生命観を、日本を含む同時代史のなかで捉えなおし、真のエコロジーとは何かを探る。

目次

プロローグ 「人間中心主義」から「生物圏平等主義」へ
第1部 生成一九二四~一九三三(「バイオ・ダイナミック農法」の誕生と展開―ドイツ・ブレスウラ 一九二四年;「インドール方式」の誕生と展開―イギリス領インド 一九二五年;「農民と自然の関係」をナチスはどう捉えたか?)
第2部 混淆一九三四~一九四一(緑色の第二革命;生命法則;バイオ・ダイナミック農法の実践者たち;総力戦と土壌(戦中編)
ロシア、この「偉大なる農民の国」―モータリゼイションをめぐって
ナチ農政に対する農民たちの反発
ダレー、バイオ・ダイナミック農場へ)
第3部 変容一九四一~一九四五(有機農業と植民地主義―再生産される故郷、“生命空間”;強制収容所における有機農業―ドイツ栄養・食糧研究所;同時代の小農主義―ソ連、満洲、北海道)
エピローグ 「ナチス・エコロジズム」とは何か?

著者等紹介

藤原辰史[フジハラタツシ]
1976年、北海道に生まれ、島根県に育つ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程中途退学。博士(人間・環境学)。京都大学人文科学研究所助手を経て、東京大学大学院農学生命科学研究科講師。専攻は農業思想史、農業技術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。