藤沢周平が描ききれなかった歴史―『義民が駆ける』を読む

個数:

藤沢周平が描ききれなかった歴史―『義民が駆ける』を読む

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784760132485
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

内容説明

「ありもしないことを書き綴っていると、たまに本当にあったことを書きたくなる」と語った藤沢周平氏の長編歴史小説を、歴史学者が知の限りを尽くして追求する。

目次

序 藤沢周平の歴史小説
1 『義民が駆ける』の筋書きと若干の問題
2 川越藩から庄内藩を見ると
3 三方国替えの真の狙いを考える
4 事後談―騒動の傷あと・忠邦の怨念
5 庄内藩の地名・役職名を知ろう
6 主人公は義民の群れ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

キムチ27

35
読み始めるとあれ?との違和感。さもあらん~筆者は御年80歳を過ぎんとする日本近代史の教授。しかし、敬愛する藤沢氏の著書を解明する切り口に新たな視点を貰えた。ファンなら誰しも感じる藤沢氏の執筆態度→己に対する厳格すぎる制約。筆者いわく一機とは政治史であり運動史・・激しく同意。藤沢氏も一揆の指導層を極力表面に立てず義民と描く・・あたかも一服の絵巻の如く。驚くべきはその語・小作民との対立激化に悩む地主層が大正~昭和初期に脚色した歴史概念とある。美談化された一揆像への疑問がこの作品を秀逸ならしめている・・か。2017/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/225447
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。