Kashiwa学術ライブラリー
辺境に映る日本―ナショナリティの融解と再構築

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 390,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784760124008
  • NDC分類 210
  • Cコード C3036

出版社内容情報

★本書第3章「ノスタルジックなローカリティの逆輸入―ラフカディオ・ハーン研究」の基となった論文、「ラフカディオ・ハーン研究言説における『西洋』『日本』『辺境』の表象とナショナリティ」(『社会学評論』第53巻3号所収)が、日本社会学会第2回奨励賞[論文の部]を受賞しました。

上田万年/東条操/柳田国男/田部隆次/坪井正五郎/鳥居龍蔵/金田一京助/知里真志保/伊波普猷/時枝誠記/高田保馬/小山栄三/飯本信之/小牧實繁/江澤譲爾…明治期の言語学・人類学から戦時期の新聞学・民族社会学・地政学まで、知識人が語る辺境をキーワードにして映しだされる多様な日本の姿。

内容説明

“辺境”をキーワードにして映しだされる様々な“日本”の姿―そこには、“ゆらぎ”と“再生産”が複雑に絡み合ったナショナリティがあぶりだされていた。辺境を語る知識人たち。「西洋」「辺境」が照らす特殊性と普遍性に立つ、近代日本像の未完と過剰。明治期の言語学・人類学から戦時期の新聞学・民族社会学・地政学まで。

目次

第1部 「日本」の均質性/不均質性(均質な言語空間の想像/創造―国語学;「地方」という差異の発見と統合の論理―方言学 ほか)
第2部 “境界”における包摂/排除(混合民族説におけるナショナリティの境界―人類学;「アイヌ」を規定する力学―アイヌ学 ほか)
第3部 ナショナリティの越境/再構成(植民地の言語政策と国語理論の再編―国語学;民族社会学のナショナリティと宣伝学の知―社会学・新聞学 ほか)
結論(ナショナルな空間の融解/再構築)

著者等紹介

福間良明[フクマヨシアキ]
1969年熊本市生まれ。1992年同志社大学文学部社会学科卒業(新聞学専攻)。出版社勤務を経て、2000年同志社大学大学院文学研究科社会学専攻博士前期課程修了。2003年京都大学大学院人間・環境学研究科文化・地域環境学専攻博士後期課程修了。京都大学博士(人間・環境学)。現在、京都大学研修員(人間・環境学研究科)。関西学院大学社会学部ほか非常勤講師。専攻は歴史社会学・ナショナリズム研究
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kozawa

0
著者には研究活動は今後も頑張って欲しいといったところで2009/08/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/181039

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。