教育発達学の展開―幼小接続・連携へのアプローチ

個数:
  • ポイントキャンペーン

教育発達学の展開―幼小接続・連携へのアプローチ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 345p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784759923322
  • NDC分類 376.1
  • Cコード C3011

内容説明

現代の課題である幼児期の教育から児童期以降の教育への接続・連携について、心理学、教育学、障害科学の融合である教育発達学の立場から多角的に考える。

目次

第1部 幼児期から児童期への発達と教育(幼児期・児童期の心理的発達と教育;発達が気になる子どもへの支援―幼児期を中心に;神経発達障害、肢体不自由のある子どもの療育・特別支援教育と医療;多文化の子どもたちの教育―幼児期からの言語の発達と学習に焦点をあてて;教育相談の視点から幼小をつなぐ;幼少をつなぐ教育の制度と経営;幼少をつなぐカリキュラムと学びのデザイン;幼児期と学童期をつなぐ特別支援教育の仕組み;幼児期の教育と小学校教育をつなぐ教師論)
第2部 幼児期の遊びから児童期の学びへ(言葉の遊びから、言葉の学びへ;幼児期の身近なつながりから「社会」の学びへ―生活経験を生かし、社会事象を考察する;幼児期における数量や図形への関心・感覚から算数の学びへ;幼児期の遊び(環境)から理科の学びへ
幼児期における遊びから小学校「生活」科の学びへ―領域「人間関係」からの考察
音楽表現から音楽の学びへ―幼少の円滑な接続を目指して
幼児期の遊び(表現)から図画工作の学びへ
幼児期の遊び(健康)から体育の学びへ

著者等紹介

松永あけみ[マツナガアケミ]
東京学芸大学大学院修士課程教育学研究科修了。現職:明治学院大学教授。博士(教育学)。臨床発達心理士

水戸博道[ミトヒロミチ]
ローハンプトン大学博士課程修了。現職:明治学院大学教授。PhD

渋谷恵[シブヤメグミ]
筑波大学大学院博士課程教育学研究科単位取得退学。現職:明治学院大学教授。修士(教育学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。