ヒトは食べられて進化した

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 356p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784759810820
  • NDC分類 489.9
  • Cコード C1045

内容説明

トラ、ライオン、ヒョウ、ピューマ、クマ、オオカミ、ハイエナ、ヘビ、ワニ、ワシ…人類の祖先は数々の肉食動物に捕食されていた脆弱な生き物だった。多くの人がもち続ける「人類=狩猟者」のイメージを徹底的に打ち破り、新たな初期人類像を描きだす。

目次

第1章 ありふれた献立の一つ
第2章 「狩るヒト」の正体を暴く
第3章 誰が誰を食べているのか
第4章 ライオンにトラにクマ、なんてことだ!
第5章 狩りをするハイエナに腹をすかせたイヌ
第6章 ヘビにのみ込まれたときの心得
第7章 空からの恐怖
第8章 私たちは食べられるのをぼうっと待っているだけではなかった
第9章 気高い未開人か、血に飢えた野獣か
第10章 狩られるヒト

著者等紹介

ハート,ドナ[ハート,ドナ][Hart,Donna]
自然保護の専門家として長年活動する。現在は、ミズーリ大学セントルイス校の特待生プログラム・人類学科の教員

サスマン,ロバート・W.[サスマン,ロバートW.][Sussman,Robert W.]
ワシントン大学(セントルイス)の自然人類学教授。American Anthropologist誌の名誉編集委員。人類学や霊長類学に関する多くの論文や著書がある

伊藤伸子[イトウノブコ]
愛知県生まれ。1996年北海道大学大学院理学研究科博士課程前期修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

人類の祖先は、勇敢かつ残虐な狩猟者だった。本書は、まことしやかに語られるこの神話の嘘を暴き、従来のイメージを180度くつがえす進化説を唱え、人類進化のシナリオを書き換える。人類最古の祖先は、肉食動物の餌食であった。「霊長類そして人間は、食べられることから逃れようとすることで進化してきたのだ」と