ハルキ文庫<br> 熱中ラジオ―丘の上の綺羅星

個数:

ハルキ文庫
熱中ラジオ―丘の上の綺羅星

  • ウェブストアに85冊在庫がございます。(2019年01月20日 07時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758442213
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

十六歳だった嘉門タツオは、タクシーから降りて来た笑福亭鶴光に、荒い息づかいで声をかけた。「弟子にしてください!」。一方、先達の金森幸介の曲は、『ヤングタウン 今月の歌』に選ばれ、洋々たる未来が開けていた…。千里丘のラジオ局は、大阪の若者たちの憧れそのもの。だけど未来は必ずしもまっすぐじゃない。辛い内弟子時代と破門、鳴かず飛ばずからの再デビュー。業界追放の苦境の中、タツオは放浪し、自分の生きる芸事の道を探す。大阪人の夢物語そのものと言える、濃くてあったかい自伝物語!

目次

第1部 金森幸介篇(今月の歌)
第2部 嘉門タツオ篇(弟子入り;軋轢;放浪;光明)
第3部 渡邊一雄篇(約束;再会)

著者等紹介

嘉門タツオ[カモンタツオ]
1959年大阪府生まれ。フォークソングとラジオの深夜放送、70年の大阪万博に多大な影響を受けて育つ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門するが、のちに破門。その後、ライブ活動を始める。83年『ヤンキーの兄ちゃんのうた』で歌手デビュー。以降、『鼻から牛乳』などヒット曲多数。CDリリース、テレビ・ラジオ出演、執筆、講演等、精力的に活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。