ハルキ文庫<br> 蓮花の契り―出世花

個数:

ハルキ文庫
蓮花の契り―出世花

  • ウェブストアに23冊在庫がございます。(2024年03月03日 16時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 299p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758439107
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

下落合で弔いを専門とする墓寺、青泉寺。お縁は「三味聖」としてその湯潅場に立ち、死者の無念や心残りを取り除くように、優しい手で亡骸を洗い清める。そんな三昧聖の湯灌を望む者は多く、夢中で働くうちに、お縁は二十二歳になっていた。だが、文化三年から翌年にかけて、江戸の街は大きな不幸に見舞われ、それに伴い、お縁にまつわるひとびと、そしてお縁自身の運命の歯車が狂い始める。実母お香との真の和解はあるのか、そして正念との関係に新たな展開はあるのか。お縁にとっての真の幸せとは何か。生きることの意味を問う物語、堂々の完結。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

三代目 びあだいまおう

369
再読 あぁ、正縁、正念、やはりその未来を望むか(涙) 死者を弔う湯灌の道に身を捧ぐ三昧聖、お縁の物語完結編。前作から少し成長し、自身のことも深く考えられるようになっても変わらず自分以外の誰かのために一生懸命、尊く健気に真心を尽くす。親に「子を愛しいと思う気持ちを育めなかった」と捨てられた過去 胸の奥の溶けない氷の塊 だからこそ人知れず抱く我が思い 切ない程のお縁の想い 死者を深く見つめ、生者を慈しむ、その心に本気で幸せになって欲しかった。いいんだよね、その決断で! 久しく聞いてないな、秋夜の虫の音‼️🙇2018/11/11

AKIKO-WILL

356
高田郁さんの今出ている本はアンソロジーの時代小説以外は全て読破しました。この本は、デビュー作「出世花」の続編。お艶からお縁になり、正縁となり少女から女性になっていくお縁。高田さんの作品のヒロインは一貫して女性としての幸せよりも人間としてその仕事を全うしようとする強い女性が描かれていてとても胸打たれます。自分の事よりも他人のために尽くす女性像は惹かれますね。お縁が生き菩薩だと言われるシーンも涙が出ました。早く高田さんの作品をもっとみたいです。2016/03/17

ちはや@灯れ松明の火

340
咲き初めた花も生まれ来るひともやがては土へと還る。烈しい大火や橋の崩落で刈り取られる命に打ちのめされながら、憂いを濯ぎ、悔いを拭い、安らぎを施してはその旅立ちを見送る道を生きてきた。寄る辺なきふたりが静かに寄りそう姿、一度途切れながら子に繋がれる絆、ひととして生きる道はひとつではないと知った時、ありふれた幸せは心を絡めとる泥土に変わる。けれど、生きると決めた道はひとつだけ。苦しみに塗れた泥に下ろした根、悲しみの涙を受け止めんと広げた葉、清らかに天を仰いで咲いた花。幾度も命はめぐり、ふたたび縁は紡がれる。 2016/07/27

た〜

332
みをつくしと違いさくって読める話ではなかった。より重く深い。やりようによっては長く続けることも出来たであろうが、それをせずきちんと終わらせる潔さも良い。「蓮花の契り」という題名の由来となる場面の荘厳さは比類がない2015/06/16

再び読書

295
電車で読んではいけない本でした。お縁こと正縁が、死者やその縁のある人を湯灌によって救う。ただし、最後まで自分の幸せを頑なに望まない様は、少し不自然さを感じる。正念と結ばれても、決してばちは当たらないと思うのは、ぼくだけでしょうか?母であるお香との親子の絆か取り戻せたのが、救いではあるが子を望んでも良いのではと思ってしまう。結末で物足りなさが残りました。2016/03/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9770558
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。