アホウドリの糞でできた国―ナウル共和国物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 126p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784757210981
  • NDC分類 302.745
  • Cコード C0095

内容説明

税金ゼロ。学校・病院はタダ。食事はすべて外食。国民は誰も働かない…。そんな夢のような国が本当に存在するんです。世界史上サイテーのなまけもの国家を襲った、ある意味しょうがない危機!まぬけな打開策の数々についての物語。

目次

1 ハッピーゴーラッキー
2 チェックメイト

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シン

42
あっという間に読了。ナウルという名前は聞いたことがありましたが、実際国として存在し、私が住んでいるところからいちばん近いところでは大阪の池田市くらいの大きさだなんてこともまったく知りませんでした。この本を読んで初めて知りました。なかなか行けるところではないですが、いつか政情が安定したらのんびり、ボーッとするには良さそうな感じです。2016/03/27

HoneyBear

24
本当に10分で読める(絵)本。資源が持続しないことがわかりながらも行き当たりばったりの選択を繰り返してきた島。人口1万人位だから国というよりも村といった感じか。冗談のような話だが、身近にも似た話があるようだ。技術革新に乗り遅れてもその事実から逃避して変化を拒む経営者や従業員。高齢化で将来枯渇することが予想される年金や社会保障をあてにする社会。このままでは目標をフルに実現できないとわかっていてもずるずると流されていく自分。いつかチャンスが降ってくるなどと妄想していたりするからタチが悪い。身につまされるな。2015/10/19

ふぇるけん

18
まるで童話のようなナウル共和国の歴史。先住民的な自給自足生活から、一変大金持ちの生活になり、そしてすべてを失い。。。短い話なのだけど、人の生きがい、豊かさ、幸せってなんだろうと考えさせられる一冊。生きることがすべてだった人たちに、突然いろんなものを与えちゃったら、そりゃこうなるよね。。。2014/07/07

のし

11
この国の人たちは一体何者なんだろう??客観的にありのままに書かれているとおもうから、いかにも・・だ。この国のようにならないためにも、一人一人がしっかり考えて行動しなくては!と思った。すぐ読めるので、ぜひ一度読んで欲しい本です。2013/01/27

イワトコナマズ

10
ナウルはタイトル通りアホウドリの糞でできた(出来ていた?)島国です。アホウドリの糞が長年かけて変化したリン鉱石は良質な肥料になります。この資源のために占領されたり、世界一裕福になったり、働かなくなって肥満になったりします。そして、資源が無くなれば元どおりとはいきません。一度快適な生活に慣れると戻れないようです。2021/10/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/381677
  • ご注意事項