叢書《制度を考える》<br> 正義のゲーム理論的基礎

個数:

叢書《制度を考える》
正義のゲーム理論的基礎

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月20日 09時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 326p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784757122338
  • NDC分類 331.19
  • Cコード C3033

出版社内容情報

ゲーム理論による、正義論の徹底解剖!

ロールズ『正義論』で現代に甦った政治哲学の諸概念を、ゲーム理論によって厳密に定式化した、空前絶後の試み。

第1章 道徳科学
第2章 交渉理論
第3章 主義の闘い
第4章 均衡
第5章 互恵性
第6章 義務
第7章 血縁
第8章 共感
第9章 黄金律
第10章 功利主義
第11章 平等主義
第12章 計画的分権

【著者紹介】
1940年生まれ、ロンドン大学名誉教授。専門はゲーム理論。著書に『ゲーム理論』(岩波書店)がある。

内容説明

哲学・思想に数学的厳密さを与える。ヒューム・カント・ロールズ・ハーサニ―21世紀の社会哲学は、ゲーム理論によって更新される。

目次

道徳科学
交渉理論
主義の論戦
均衡
互恵性
義務
血縁
共感
黄金律
功利主義
平等主義
計画的分権

著者等紹介

ビンモア,ケン[ビンモア,ケン] [Binmore,Ken]
1940年ロンドン生まれ。LSEの数学教授などを経て、現在、ロンドン大学(UCL)名誉教授(経済学)。エコノメトリック・ソサイエティ、英国アカデミーのフェロー。数学者から経済学者に転身、その研究は、ゲーム理論、応用経済学、進化生物学、哲学の分野に及ぶ

栗林寛幸[クリバヤシヒロユキ]
1971年生まれ。東京大学教養学部教養学科国際関係論卒業。一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了。英国ケンブリッジ大学大学院修士課程修了、同博士課程中退(経済学)

須賀晃一[スガコウイチ]
1954年生まれ。一橋大学経済学部卒業。一橋大学博士(経済学)。亜細亜大学経済学部助教授、福岡大学教授を経て、早稲田大学政治経済学術院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Mc6ρ助

1
内容にまったくついていけなかった。著者によれば、文化の進化の過程で、必然的に正義、公平規範も進化してきたとのこと(だと思う)。『わたしのこれまでの主張では、公平規範が進化した理由は、より効率的な均衡が選択可能になるにつれて公平規範を利用する集団は速やかにこれを調整し、古い均衡にとどまっている集団に対して優位に立てるからである。(p258)』外部強制力を必要としない。よかった、よかった。2015/11/14

0
哲学・思想に数学的厳密さを与えるゲーム理論として、言葉でゲーム理論の概要が書かれている。互恵やムカデゲームについて図を通してサラッと書かれている。ナッシュ交渉解については、言葉でこのように伝えたら良いのかということが少しわかった気がする。2015/06/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9695601
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。