日本の産業システム〈5〉情報経済システム

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 336p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784757121041
  • NDC分類 602.1
  • Cコード C3333

内容説明

「社会的インフラ」、「通信産業の競争」、「ネットワークとビジネス」、「デジタルマーケット」の側面から、現象を詳細に分析、その奥にひそむ変化の本質を洞察し、情報経済システムの将来展望を描く。

目次

第1部 社会的インフラ(情報経済の展望;デジタル社会の法と経済 ほか)
第2部 通信産業の競争(規制改革と投資問題―ブロードバンド投資をめぐる問題を中心に;移動通信産業の市場開拓)
第3部 ネットワークとビジネス(情報ネットワークと企業経営;eビジネス)
第4部 デジタルマーケット(プラットフォームとコンテンツ;ブロードバンド)

著者等紹介

林敏彦[ハヤシトシヒコ]
放送大学教授、スタンフォード日本センター理事長。1943年生まれ。京都大学経済学部卒業、大阪大学大学院経済学研究科修士課程修了、米国スタンフォード大学博士課程修了。神戸商科大学商学部助教授、大阪大学経済学部教授、大阪大学国際公共政策研究科教授などを経て、現在に至る。専攻、ミクロ経済学、応用ミクロ経済学、公共政策、情報経済学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。