YouTubeの時代―動画は世界をどう変えるか

個数:

YouTubeの時代―動画は世界をどう変えるか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年08月20日 13時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 472p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757103849
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C0055

内容説明

何気なく投稿した動画が、シェアされ、リミックスされ、パロディとなり、人々の隠れた創造性を触発していくプロセスは、誰もがつくり、誰もが歌う、新しいフォークアート時代の到来を告げている。YouTubeトレンド・カルチャー統括部長が歴代バズ動画の拡散過程をよみときながら、新世代・動画コミュニケーションの今と未来を伝えるドキュメント。

目次

動物園で―YouTube最初の動画
歌う大統領―オートチューン時代のエンターテイメント
リミックス―新たな言葉
みんなアーティスト―世界中が「踊ってみた」
新しい広告―リアルに、なにより誠実に
新しい報道―世界が見ている
YouTubeでお勉強―ネクタイを結ぶとき、コブラをつかむとき
ニッチこそが主流―マイクラ、モクバン、エレベーター
隠された欲求をみたす―耳かき、ささやき、開封動画
バイラル動画をつくるには
動画は私たちに何をもたらすか
ユーチューバーだけじゃない―視る人が社会をつくる

著者等紹介

アロッカ,ケヴィン[アロッカ,ケヴィン] [Allocca,Kevin]
YouTubeトレンド・カルチャー統括部長。ボストンカレッジ(コミュニケーション/映像研究)卒業後、Huffington Post(現HuffPost)等をへて、2010年YouTube(Google)入社。バイラル動画分析の第一人者として世界各国で講演を行っている。ニューヨーク在住

小林啓倫[コバヤシアキヒト]
経営コンサルタント。筑波大学大学院修士課程修了後、米バブソン大学にてMBA取得。コンサルティングファーム、大手メーカー等で先端テクノロジーを活用した事業開発に取り組む。個人ブログ「POLAR BEAR BLOG」は2011年度のアルファブロガー・アワード受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

なぜ視るのを辞められないんだろう?―世界で一番YouTubeを見ている男”が伝える動画プラットフォームの舞台裏

10億人が利用する動画プラットフォ-ム「YouTube」には毎分400時間の動画がアッロードされている。何気なく誰かが投稿した動画が、シェアされ、リミックスされ、パロディとなり、新たな創造性を触発(感染=ヴァイラル)していくプロセスは、20世紀型のブロードキャストの終焉と全く新しい時代の到来を告げている。YouTubeトレンド分析マネージャーが歴代バズ動画と拡散プロセスをよみときながら、巨大プラットフォームの成長過程と新しい世代の動画コミュニケーションの今を伝える最前線からのドキュメント。「WEBでも人でも‘つながり’を生みだすものが成功するのだ」

[紹介動画QRコード付]

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件