電脳のレリギオ―ビッグデータ社会で心をつくる

個数:

電脳のレリギオ―ビッグデータ社会で心をつくる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 15時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 167p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784757103580
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0036

出版社内容情報

地図ではなく、よいコンパスを持つこと。

情報技術は確かに怖い側面もあるが、それを恐れずに使いこなすことが肝心だ。情報技術は神秘的で難解なものではなく、私たち一人一人のツールとなるものだ。そして、「文系」の人が使いこなしてこそ、情報技術に「心」が宿り、私たちの生活をよりよくしていける。
情報の哲学に関する研究活動を行いながら、クリエイティブ・コモンズの活動や、ITベンチャーの経営にも携わる俊英が、現代を生きる老若男女のために、情報技術と共存する新しい社会をつくるための考え方・心構えを記す。

※「レリギオ(Religio)」はラテン語、宗教(religion)の語源で、「再び結ぶ、強く結ぶ」の意。

第1章 情報に情けと報いは宿るか
 生きている情報
 文学としての情報技術
 サイボーグとしての現代人
 情報技術と「心」
 レリギオ

第2章 情報社会のつくり方
 1 フィードバックをつくる
 2 プロトタイプをつくる
   情報のペインとペインキラー
   「車輪の再発明」を肯定する
   「デザイン・フィクション」という思考法
 3 オルタナティブを社会に実装する
   オルタナティブの社会実装の事例
 4 実践例:Picsee、もしくは「親しみ」の実装
   写真の共有からカメラロールの共有へ
   デジタルな生写真の力
   「親しみ」の情報
   コミュニケーションサービスの歴史におけるPicsee
   ペイン
   ペインキラーから新しい価値の実装へ

第3章 情報社会のコンパス
 1 情報の哲学とは
   人間中心のエンジニアリングに向けて
 2 情報の摂取と表現
   理性的なPCから感性的なスマートデバイスへ
   情報の摂取
   情報の表現
 3 現実像とメディア
   情報技術とマスメディア
 4 コンピュータの摂理
   アルゴリズムの生態系
   金融市場におけるアルゴリズムの暴走
   アルゴリズムによる現実像の操作
   世界規模の監視ネットワーク
   オルタナティブを思考する
   理念をスケールさせる
   監視から協働へ
   人間性への揺り戻し
   情報社会は常に変化に開かれている

第4章 電脳のレリギオ
 人間への注意
 読むことは書くこと
 電脳のレリギオ

【著者紹介】
1981年東京生まれ。フランス国籍。UCLA卒業。東京大学大学院博士課程修了。博士(学際情報学)。著書に『インターネットを生命化する プロクロニズムの思想と実践』(青土社)、『フリーカルチャーをつくるためのガイドブック』(フィルムアート社)などがある。

内容説明

ビッグデータや人工知能に代表される今日の情報技術は、ますます人間の自然と乖離しているようにみえる。しかし、情報技術そのものは決して神秘的なものではなく、人間的な価値に引き寄せることができれば、私たち一人一人の心と現実を滋養する道具となる。そして、技術をただ「使う」ことだけではなく「つくる」ことにも気づくことによって、情報に「心」が宿り、人間と情報技術が調和する道筋が見えてくる。

目次

1 情報に情けと報いは宿るか(生きている情報;文学としての情報技術;サイボーグとしての現代人;情報技術と「心」;レリギオ)
2 情報社会のつくり方(フィードバックをかえす;プロトタイプをつくる;オルタナティブを社会に実装する;実践例:Picseeもしくは「親しみ」の実践)
3 情報社会のコンパス(情報の哲学としてのコンパス;情報の摂取と表現;コンピュータの摂理と人間)
4 電脳のレリギオ(人間同士の注意;人間固有の価値;読むことは書くこと;電脳のレリギオ)

著者等紹介

チェン,ドミニク[チェン,ドミニク] [Chen,Dominique]
1981年東京生まれ。フランス国籍。カリフォルニア大学ロサンゼルス校卒業。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。NPO法人コモンスフィア理事。株式会社ディヴィデュアル共同創業者・取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。