現れる存在―脳と身体と世界の再統合

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 442p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784757102675
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C0040

内容説明

心は「脳の中」にあるものではない。脳と身体と世界の相互作用から「創発」するものである。ロボット、赤ちゃん、人工生命など、豊富な事例を交えながら提起する、「心」への斬新なアプローチ。身体性認知科学の古典的名著、待望の翻訳。

目次

1 外なる心(自律的なエージェント―月面を歩く;状況に置かれた幼児;心と世界―移ろう境界;集合の叡智、粘菌流)
2 外に広がった心を説明する(ロボットを進化させる;創発と説明;神経科学的なイメージ;存在する/計算する/表象する)
3 前進(心とマーケット;言語―究極の人工物;心、脳、それとマグロの話―塩水に浸かった要約)

著者等紹介

クラーク,アンディ[クラーク,アンディ][Clark,Andy]
1957年生まれ。哲学者。エディンバラ大学教授。心の哲学、認知科学の世界的第一人者

池上高志[イケガミタカシ]
複雑系・システム論/東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻教授。東京大学大学院理学系研究科物理学修了。理学博士

森本元太郎[モリモトゲンタロウ]
複雑系・分子シミュレーション/理化学研究所生命システム研究センター研究員。東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻修了。博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ロボット、脳科学、赤ちゃん学、人工生命等の豊富な事例を交えて提起する心への斬新なアプローチ。心の哲学の現代の古典、遂に刊行。

心は、脳の中にだけあるものではない。心は、脳と身体と世界(環境)の相互作用から創発するものである。ロボット、脳科学、赤ちゃん学、人工生命などの豊富な事例を交えて提起する、〈心〉への斬新なアプローチ。

序:ディープ・ソート、なめらかな行為と出会う
背景
イントロダクション: ゴキブリの脳を載せたクルマ
1 外なる心
2 外に広がった心を説明する
3 前進
エピローグ:脳は語る
付録:東京大学での著者講演とディスカッション

【著者紹介】
1957年生まれ。哲学者。エディンバラ大学(スコットランド)教授。心の哲学、認知科学の世界的第一人者。著書に『認知の微視的構造』(産業図書)などがある。