英国の闇チャーチル―世界大戦を引き起こした男

個数:
  • ポイントキャンペーン

英国の闇チャーチル―世界大戦を引き起こした男

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2020年10月29日 00時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 498p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784828422206
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0022

内容説明

父の政界・ユダヤ人脈と母の不倫相手たちを駆使し、戦争を出世の道具にして世界を破滅させた。その怪物を生み出した英国社会の闇を克明に描く。

目次

対ゲリラ戦(キューバ)観戦
両親の出会い
幼年時代
ハーロー校時代
士官学校、父の死、インド赴任
戦場を求めて
ボーア戦争従軍
政界進出
出世と結婚
内務大臣から海軍大臣へ
第一世界大戦への道 ウィンストンによる戦争準備
第一世界大戦への道“1”穏やかな英独、英墺関係
第一次世界大戦への道“2”サラエボの悲劇、ウィンストンの好戦性
第一世界大戦への道 対独戦争に閣議を誘導したウィンストン

著者等紹介

渡辺惣樹[ワタナベソウキ]
日本近現代史研究家。北米在住。1954年静岡県下田市出身。77年東京大学経済学部卒業。30年にわたり米国・カナダでビジネスに従事。米英史料を広く渉猟し、日本開国以来の日米関係を新たな視点でとらえた著作が高く評価される。著書に『日米衝突の萌芽1898‐1918』(第22回山本七平賞奨励賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。