部長の一流、二流、三流

個数:

部長の一流、二流、三流

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月23日 18時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 217p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756920188
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C0034

内容説明

会社を良くしたい、部下を育成したい。そんな想いを持っている部長に捧ぐこの1冊!部を統括することは、大きな責任とプレッシャーがあるかもしれません。しかし、その分やりがいもある。「あなた」は優秀だから部長に選ばれたのです。自信を持ちましょう。チームを大きな成功に導くためのメソッドが学べます!

目次

1 一流の「考え方・姿勢」とは?
2 一流の「判断・決断」とは?
3 一流の「部下育成」とは?
4 一流の「モチベーションの保ち方」とは?
5 一流の「時間管理」とは?
6 一流の「自己研鑽・習慣」とは?
7 一流の「リーダーシップ」とは?

著者等紹介

志倉康之[シクラヤスユキ]
(株)巧コンサルティング代表取締役。中小企業診断士。産業能率大学総合研究所兼任講師。中小企業基盤整備機構チーフアドバイザー。カルチュアコンビニエンスクラブ(株)において経営企画室/新規事業部、ネット通販事業責任者(部長職)などを経験する。2015年に(株)ビジネス・ブレークスルー(代表取締役大前研一)の支援を受け、(株)巧コンサルティングを設立。経営コンサルティングやプログラム開発、企業研修、営業企画などに従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ギルダーツ

9
「雑談の一流、二流、三流」の在庫がなかったので、この本が検索条件に引っ掛かったが、読んでみるとなかなかの良書。買ってよかった。正直自分はまだまだ一流半くらいだが、言い換えれば伸び代が多く、明日からの仕事に活かせる内容満載。また読み返して頭に叩き込みたい。部長というポジションに拘らず、リーダーを目指している人や、リーダー遂行中の人にもオススメ。2020/07/05

kttys

4
部長と関係ない役職でも参考になる事はあります。叱る時に「人と事」を分けて叱るのはなるほどなと。人も事も一緒にしてしまうと、その人を否定する事に繋がるかもしれないということをリスクヘッジできるのたわと解釈した。2021/07/31

おのちん

4
★★★★☆:これまで持っていなかった視点を幾つか与えてくれた一冊。さっそく試してみる。2021/03/12

みやます

1
参考にしようと思ったところ ・部下との面談の時間を設ける ・あわない部下は自分では意見を出してくれる存在と考える ・失敗は成長の機会と捉える

Hiromitsu

1
この本でも失敗は重視されている。一貫した話として、常に未来に在りたい自分をイメージし、その在りたい自分とのギャップを問題と捉える。向上するためのチャレンジをすべきで、そこで失敗することで成長する。決断も在りたい自分目線で未来思考で行う。毎日、昨日の自分より確実に成長する。定期的に行うと決めた自分との約束を守る。反省よりも内省が大事。大きな石は最初なら入れられる。メモはto doにまで発展させて書く。 在りたい自分を描いて、自分との約束を守り、毎日成長する。毎日ギャップを認識して、毎日そのギャップを埋める。2021/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13547596

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。